edit

デュラララ!!×4/成田良悟(著) 読了

デュラララ!!×4/成田良悟(著)3巻もそこそこ時間があっちゃこっちゃいってましたが。
4巻はそれ以上だった。
何度ページを戻したことか。
ただまぁ、そういうのが後半に全部繋がってくる感じは
良かったです。
で、今回はまた誤字脱字が目立ったんじゃないかな?
と思いました。

そんな4巻は池袋という街の休日を描いた話。
あとがきによると各キャラクターの「日常」を描いたらしいんですが。。。
まぁ、デュラララ!!ですからね。
全然日常じゃないわけですよ。
それが、よかった。

時間があっちゃこっちゃ言って読みにくくはありましたが、
面白かったです。

以下ネタバレ含みつつ感想続けます。
臨也の双子の妹が登場。
なんともまぁ、、、
兄譲りな変な子たちだこと^^;
変さ加減だと正直臨也以上ですね。

妹たちがそうなってしまった原因は臨也自身にもあると少しだけ負い目に感じてるらしい。
それから静雄以外で苦手な人間でもある。

双子は2人で1人という考え方らしく、
互いを補い合う関係みたい。
というかまぁ、服装と性格が逆になってる。

しっかし、クルリは何でチャットを退室するときバイビーなんだろうか^^;
それまでとのギャップがw

静雄は臨也の妹なら問答無用でキライなのかと思ったんですが、
そうじゃないみたいですね。
素直な妹たちだから、臨也のように切れないみたい。
ただ、臨也の顔を思い出すからあまり長くは一緒にいたくないみたいですね。

でまぁ、そんな静雄が出会った殺人機械と殺人鬼。
どっちも問答無用にやられたのな^^;
んで、殺人鬼「ハリウッド」に関してはそれが良かったといえば良かったですね。
本来は強いんですが、相手が静雄だったためにやられた。
森厳が言うにはネブラが彼女を狙っていたらしいですからね。
けど、一般人にやられたって知って諦めたみたい。
その一般人が全くもって一般人じゃなかったわけですがね^^;

で、殺人鬼「ハリウッド」は静雄に飛ばされ、
拾われた相手は静雄の弟・幽だった。
そんな「ハリウッド」の正体は幽の同業者の女優・ルリだった。
特殊な体らしく、セルティや静雄の次に傷の治りが早いらしい。
一体何者なんだろう?
森厳が言うには覚醒遺伝みたいですね。
一気に名家になったのは同じように特殊だった人間がその力でのし上がったらしい。
けど、父や祖父にはその力がなかったから事業に失敗したのでしょう。

彼女は事務所の社長に何をさせられてたんだろ?
殺人鬼となった理由はなんだったんだろ?
何だかんだで幽とはいい感じに?

そして、もう1人の静雄にやられた人物。
殺人機械と呼ばれるエゴールはサイモンや板長の知り合いだったみたい。
ただ、彼らを追いかけてきたわけじゃなく、
別の2人組を追いかけて日本にやってきたみたい。
その2人ってのがまたおいおい絡んでくるのかな?
で、アルバイトとして「ハリウッド」の捕獲を森厳に頼まれてたわけですが静雄の邪魔が入って失敗したと。

その2人が話してる時に杏里が森厳に話しかけて。
罪歌が勝手に動いて彼を斬った。
杏里の意図しないところで勝手に。
今度は帝人や正臣に同じことをしてしまうんじゃないかと不安になる杏里。
人との繋がりが出来てきて、杏里が変わってきたってこともあるんですかね?

んでまぁ、何の巡り合わせか。
静雄にやられた2人がセルティを助けた。
しかしまぁ、幽の事務所の社長は何を考えてんだか^^;
セルティに賞金をかけた。
で、チーマーやらに追われたセルティ。
自分が1人ならどうとでもなった。
けど、今は自分が1人じゃないとわかっている。
そして、それを壊したくないとも。
どうしたもんかとしてるときに2人が助けに現れたと。

最後の鍋は誰が参加してたんだ?
帝人や杏里、静雄もいたみたいですが。
ハッキリ誰って書かれてないからよくわからんかったなぁ。
双子は別で鍋をしたんですよね?
一緒だったんかなぁ?
どっちなんだろ?

帝人が案内するはずだった後輩でありダラーズのメンバーでもある青葉。
よくわからんヤツだなぁ。
けど、何かまた変わった子だなぁ。
と思ってたら、彼はブルースクウェアの創始者だった。
捕まってる泉井の弟。
帝人に近づいてきたのは一体何の目的があってなんだろ?
5巻でその辺がわかるっぽいと考えていいんですよね?
予告みたいなとこに書かれてた話しだし。

今回、意外だったのはいつも裏で何かしてる臨也が全く絡んでなかったこと。
しかも、みんなが鍋してるって聞いて食べたくなったみたいですねw
で、キャストのイラスト。
一人鍋しとるw

臨也がチャットしてた九十九屋って誰なんだろ?

3巻よりも好きだったかもしれないなぁ。
って感じの4巻でした。
面白かったです。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.