edit

西遊記 第7回『幽霊の国』 感想

『熟女になった悟空!?』
幽霊にビビる妖怪と法師様ってどうなの?w
どっちかっていうと、妖怪の方が怖いと思うのですが^-^;

しかし、三蔵様の『うぅ』って感じの嘆き方がいいw

凛凛とのじゃんけんに負けてばっかの悟空。
しかも、あっち向いてほいも全敗^-^;
悟空弱すぎ(笑)
しかし、ご飯の量で喧嘩してなまかじゃない。って言うのはちょっとひどいぞぃ。
凛凛がかわいそう。
まぁ、五等分にちゃんとしてればこんな揉め事はなかったわけで、八戒が悪い(笑)
それに、じゃんけんで勝ったら好きなのを取っていくみたいな感じだったけど、お師匠様に大きいの譲らない?
普通の弟子なら(笑)

まぁ、そんなこんなで悟空達と凛凛が別々に行動して、同じ古寺にやってきましたが、いろんなことを知ってる凛凛が封印された井戸のふたを開けちゃった。

そして、凛凛は呪いがかかり、蓮歌という妖怪に殺された王妃が現れた。
蓮歌が幽霊として現れたのは、王や王子が心配だったため。
そこで、王の所へ行った悟空達は死んだはずの蓮歌と会う。
そして、王にその蓮歌は偽者だと告げても、昔の蓮歌が怖かったので今のままでいいと言った。

それを本物の蓮歌に言うと、今度は悟空と蓮歌で王の所に行った。
そこでは、王や王子が怪しいたれのついた食事をさせられていた。
食べるのを辞めさせようとした蓮歌でしたが、王や王子には自分の姿が見えない。
そこで、蓮歌は悟空の体に入り込んだ。

ここからが悟空の一人二役といいますか、あんまし一人二役っぽくなかったから余計に面白かった(笑)
化粧やら舞やらをしましたが、外見が猿なんでわかってもらえなかった蓮歌が不意にしたお尻をかくという行動で、王や王子にわかってもらった。
それに喜んだ蓮歌というか悟空wは王にキスゥ(笑)
悟空かわいそう(笑)

そんなときに現れたのが偽蓮歌。
王はどっちが本物かと聞かれ悟空をつまみだした。
そのときに落とした蓮歌のなんだったっけ?w
まぁ、落としたものを拾った王が悟空に会いに行きたいみたいなことを言うと偽蓮歌が怖い顔で近づいていた。
その後に、捨てられちゃったのでしょう。

王達を連れ帰った悟空達だが治療法が見つからない。
そんなときに現れたのが老子様。
黄泉の国の泉で魂を洗うしかないと告げたが、黄泉の国は死んだものしか行くことが出来ない。
しかし、黄泉の国には魔物がいっぱいいるため、蓮歌一人だけを行かせる事が出来なかった。
そこで、三蔵様が言った言葉は
『悟空、死んでくれませんか?』
何を言ってるんだ?と思いましたが、それには三蔵様の考えがあってのことでした。
たとえ、一度死んでも黄泉の国の理を守れば生き返ることが出来る。
それは、絶対に振り向かないこと。
振り向かないという強い気持ちを持っているであろうと悟空を信じて頼んだ三蔵様の言葉だったのだ。
その言葉に悟空は笑顔で『いいよ』と言った。
お師匠さんが信じてくれたことがやっぱりうれしかったんでしょうね^-^
悟空かっこよかった。

そして、悟空が一度死ぬときがやってきた。
八戒の中途半端な攻撃に痛がる悟空。
かわいそう^-^;
悟空と八戒がもめてる隙に悟浄の攻撃が見事に悟空を黄泉の国へ。

泉までの行きの道はどうってことなかったが、魂を洗って戻っていたときだった。
蓮歌が何かに呼ばれた気がして振り向こうとしてしまった。
悟空はそれを止めた。
しかし、今度は悟空が呼ばれた。
そして、悟空は蓮歌を先に行かせ、悟空を呼ぶ声がだんだんとわかってきた。
その声は、聞き覚えのある声だった。
八戒と悟浄だった。
しかし、その二人の声には耳を貸すまいと走った悟空。
もうそろそろ出口というとこで、一番大切な人の聞きたくない言葉を聴いてしまった悟空。
それは三蔵様の
『天竺なんかない』
『生きてるだけ無駄』
という言葉だった。
それを聞いた悟空は思わず振り返りそうになってしまった。
しかし、本物のお師匠さんからの言葉が聞こえてきた。
『悟空!悟空!こっちですよ。』
その言葉に偽者達の言葉に打ち勝った悟空は生き返ることが出来た。

そして、蓮歌と王達の別れのとき。
悟空は自分から体を使ったらいいと言った。

蓮歌は別れを告げ消えていった。

そして、蓮歌に化けた妖怪の元へ。

いつも通りの悟空の決め台詞。
『命の価値は長さじゃねぇ』
やっぱり悟空の決め台詞はいいですねぇ。
そして、悟空のアップになったとき額から流れていた汗。
迫真の演技にすごい!と感動。

悟浄のお皿が久々に公開(笑)
やっぱり恥ずかしいんですね^-^;

悟浄と悟空の殺陣が一段落したところで妖怪は悟空に入りましたが、三蔵様のお経で頭の金の輪(名前はきんなんとかだったと思うけど忘れましたw)を締め付け、悟空から追い出した。
そして、妖怪が姿を見せたところを悟空が止めをさした。

最後は凛凛にからかわれる悟空。
喧嘩なまかは喧嘩なまかなんですね^-^;
けど、喧嘩するほど仲が良いって言いますからね。

そして、また食事の時間。
今度は均等に切った饅頭でしたが、悟空の分がない。
人数数えのための点呼。
『1』『2』『3』『4』『5(誰?w)』『6』
また、幽霊にビビる5人でした(笑)

今回はこの辺で。
次回予告は忘れやすい(笑)
まぁ、楽しみに待ってますかぁ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆孫悟空…香取慎吾   ☆沙悟浄…内村光良
☆猪八戒…伊藤淳史   ☆三蔵法師…深津絵里

☆凛凛…水川あさみ   ☆老子…大倉孝ニ

<各回ゲスト>
☆蓮歌/偽蓮歌…手塚理美
☆大福…酒井敏也

公式HP

第1回感想 | 第2回感想 | 第3回感想 | 第4回感想 | 第5回感想 | 第6回感想

トラックバック

TB*URL

・西遊記。第七巻「幽霊の国 熟女になった悟空!?」

昨夜のフジテレビのドラマ「西遊記」。第七巻(第7話)「幽霊の国熟女になった悟空!?」でした。今日は、手塚理美さんが、しっかり演技してましたね。先週の、姫の冥蘭こと「釈由美子」さんも、コレぐらい出番や喋りがあったら。。。でした(笑)。さて、今週も、孫悟空(

西遊記 第七巻

『幽霊の国』 孫悟空(香取慎吾)、沙悟浄(内村光良)、猪八戒(伊藤淳史)、 三蔵法師(深津絵里)がたどり着いたのは、身の毛もよだつような廃寺。 ともかく日も暮れ、他に宿る場所もないため一夜を明かすことに。 ところが、案の定、寺には幽霊が出没。 慌てふためく一

西遊記 第七巻「幽霊の国」

ロンドから西遊記を見るとものすごく物足りなく感じました。凛凛の余計な行動によって今まで封印されていたはずの幽霊が生き返ってしまいます。その幽霊はある王国の妻でした。でその妻が成仏できるように三蔵法師たちが手助けします。

【ドラマ雑感】西遊記 (第七巻/全11回) 「幽霊の国」~熟女になった悟空!?

 すっかりオリンピックモードで、『輪舞曲~ロンド~』の感想アップもまだで、『時効警察』にいたっては録画したまま見ていない状態なのですが.....先にこっちをアップしちゃいます。/西遊記(第七巻)「幽霊の国」◇すっかり三蔵(深津絵里)たち一行の仲間のようになって

『西遊記』第7回感想?

貞子さん登場?っておもったのはオイラだけではなかったでしょう。たぶんだけど。今回のゲストは手塚理美さん(2役)手塚さんが悟空に乗り移ってからはまさに「猿芝居」(笑)乗り移ったら、中途半端に意識が残ってるもの?まぁ、そもそも乗り移ったことないからわかんない

西遊記 第七話 「幽霊の国」

いつものような空腹旅の孫悟空(香取慎吾)たち。ひとつの饅頭を悟空、沙悟浄(内村光良)、猪八戒(伊藤淳史)、三蔵法師(深津絵里)で分け合おうとしたとき、凛凛(水川あさみ)が現れた。 5等分された饅頭には大小があるため、どの饅頭を取るかでジャンケン大会をする。

『西遊記』第七話(その四) -冥界と現世の狭間で-

 汝、生と死の間に何を見ん。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ということで今回も『ここ、もうちょっとは考えようよ…』というポイントを指摘したいと思います。 そんなにチェックポイントは無い…はず(..

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.