edit

閃光のナイトレイド #13 最終回

『せめて、希望のかけらを』
最終回に主要キャラが死にすぎるってのは好きじゃないなぁ。
高千穂はなんとなくわかってましたけどね。
棗まで殺さなくても。。。
しかも、殺した相手って棗が助けた人ですよね。
お前は恩という言葉を知らんのか。
震えながら撃つなら、最初から撃つな。

雪菜にはそのことを話さなかった。
けど、棗が帰ってこないことと葵たちの話でなんとなくわかってたんでしょうね。
棗は雪菜の心の中で生き続けている。

葛は戻ってきた。
桜井機関に戻れとは言ってない。
俺達のもとへ。
ていうか、桜井機関がそもそも高千穂側についてたのに、
それを戻れとは言わないだろ。
裏切られて切り捨てられたのは葵たちなんだから。

さてはて、高千穂のところへ。

静音は預言することをやめた。
高千穂の婚約者がどうして亡くなったのか。
それは早々に次の預言者を示してしまったから。
そして、静音を逃がすために何かして、
それを責められて亡くなった。
とかなんとか。
ってのは静音の想像にすぎないのかな?
けど、そういうことなんでしょう。
預言者というものを終わらせたかった。

静音が今まで高千穂に協力していたのは、
そんな彼女のためと思って。
けど、もう違うと。

高千穂は迷っていた。
それを雪菜は読み取っていた。

そんな話をしているときに雪菜が誰かに狙われていることに気付く。
そして、高千穂は雪菜をかばった。

撃ったのは桜井さんだった。
高千穂がかばうことをわかったうえで。

桜井さんの目的は爆弾を軍の管理下に置くことだった。
そのために高千穂側についていた。
ってことでしょうね。

桜井さんがその場を去り、
葵と葛は爆弾を誰の手にも届かない場所へ運び出すために爆弾のところへ。
静音に今度こそ待っていてくれと言って。

葛の力で飛び立とうとしていた飛行機の中へ。
教授だっけ?
その人の独断で爆弾を投下させようとしていた。
狂っとるなぁ。

そして、雪菜は少しでも多くの人に幻影を。
ってことで静音と協力して爆弾の幻影を見せた。
傷ついて初めてわかることがあるというは間違ってないと思ったから。
それで少しでも世界がよくなるならと。

その幻影を見て桜井さんが戻ってきた。
静音がまだ必要だと連れていこうとしたが。
そこに謎の男が。

桜井さんについてた記憶を消せる男は中国人だったんですね。
で、桜井さんが中国の利益になるようなことをしようとしていなかった。
というのに、気付いて裏切った。
ということですか?
もっと早くに気付こうよ。
とは思ったが^^;

桜井さんは謎の男に記憶を消された。

そして、静音は彼に自分の記憶を消すように頼んだ。
自分はまだ次の預言者を示していない。

彼が消したのは全部かね?
葵とこれからって時に。
終わらすためには仕方ないといえ、
そういうのはよろしくないと思うぞ。

で、葵は爆弾を空へ飛ばした。
攻撃を受けて飛行機が海まで飛べそうになかったから。
宇宙空間に向けて全力の力をこめて。
って、その力強すぎない^^;

葛は飛行機に乗っていた人達を連れて脱出。
葵はなんとか1人で脱出すると言って残った。
飛行機は大破。
葵の消息はつかめなかった。

そして、2年後でしたっけ。
即位式だっけか?
それが再び行われた。

雪菜は新京を訪れていた。
そこで風蘭と再会。
そこは風蘭のお店だった。

飾られていた料理の写真。
その中に1つだけあったのはみんなで撮った写真だった。
いなかった葛も加えられた写真。

葵が届けてくれたのだろうと。
そして、そこに聞こえてくる下手な演奏。

葵は無事なんでしょうね。
静音さんとはちゃんと再会できてればいいですが。

まぁ、何だろうなぁ。
まぁまぁ楽しめた。
けど、難しかった。
歴史苦手だから、本来の歴史がどうなってたのかってのが全然知らないわけでね。
そういう予備知識がもうちとあれば、純粋に楽しめたかもしれないなぁ。
って感じでした。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.