edit

Angel Beats! #11

『Change the World』
新たな敵・影が発生。
影は無制限で増え続けた。
そして、ゆりは影との戦いの最中でNPCが姿を変えていることに気付く。
だれかが、NPCのプログラムを書き換えている。
奏のプログラムと同じように。

さて、音無のしようとしていたことが日向だけじゃなく直井にもバレた。
しかし、2人は協力してくれることに。
直井と日向はいがみ合ってるが^^;
てか、直井はすぐに力を使おうとするなw
トイレットペーパーってw

そんなやり取りの中で直井の影が揺らめいていた。
そして、影は形を変え直井の中へ入ろうとした。

音無と日向で対処し何とか消し去ることに成功した。

そして、ゆりは奏から話を聞くことにした。
その場には音無たちも参加。
直井が副会長として場にいることを許可したということにして。
生徒会室は管轄。
まぁ、間違っちゃいないけどね^^;

プログラミングを行ったことでバグが発生したかもしれない。
奏が新しいプログラムを追加した日と影が発生しだした日は一緒だった。
けど、奏が追加したのは攻撃性のあるものじゃなく装飾するものだった。
天使の羽。
作ったのかよw
で、ゆりは当然何で?
と思うわけですが直井がそこは対処。
羽があることが生徒会長らしいとかなんとか。
まぁ、よくわからんw

日向、アホって言ってやるなw
音無のためとやってくれてることなんだから^^;

さてはて、そんな話をしていたときに銃声が。
影が大量発生。

音無は奏に協力してもらった。
そして、みんなで撃退へ。
そのなかでゆりはNPCが変化していく姿を見る。
影を全て倒した彼らだった。

しかし、影による最初の被害が出た。
高松が影に飲み込まれて消えた。
大山がそれを発見したが間に合わなかった。
本当に助けようとしたのかが怪しいが。

見つかった高松はNPCとなっていた。
魂が抜かれた状態だった。
消えることも出来ず永遠にこの世界に捕らわれてしまった。

そして、戦線のメンバーを集めて話をすることに。
そこでゆりは戦線の中に別の考え方をもつグループが出来たことを告げる。
ゆりには全てお見通しだった。

音無はみんなに全てを説明した。
しかし、にわかには信じられない。
音無の言葉を後押ししたのは日向と直井だった。
ユイが消えていったこと、自分が音無に助けられたこと。

そして、ゆりはメンバー自身に選ばせることにした。
今まで通りに戦い続けるも、思い残すことなく消えることも自由。

さて、その後は奏も交えてゆりや音無たちで話を。
そこで聞かされたのは奏は人間だということだった。
確かに最初に天使じゃないとは言ってますけどね。
NPCじゃなかったんですね。
魂のある人間。
奏でには奏でなりにこの世界でやり残したことがある。
だから生徒会長をしていても消えない。
それだけ強い思いってことなんですかね。

ゆりは影の迎撃を奏にお願いした。
けど、奏も人間なら影にのみ込まれる可能性はあるんですよね?
プログラムで力を持ってますけど、
対処しきれなくなくなることもないとは言い切れないと思うし。
大丈夫かね?

ゆりは1人で戦うことを決める。

そして、コンピュータ室へ。
そこで作業をしていたのは大人だった。
彼は盗まれたパソコンを補充するために来ていただけだった。

盗んだヤツが犯人。
しかし、それなりの重さのパソコンを盗み出すということは大変。
考えながらウロウロしていると
1枚だけ踏んだ時に音の違うタイルを見つける。
そこは地下へと続く道だった。

さて、神になったつもりで影を作り出しているのは誰か。
大山なんじゃないのかね?
とか思ったんだが。
最初に襲われたのも計算で。
どうなるんだろうなぁ。
高松も怪しいは怪しいけど。

ユイはこんな騒動になる前に思い残すことなく消えれて本当に良かったんだな。
って思いましたね。
後は日向がちゃんと消えるだけ。
影にだけは絶対に飲み込まれないでくれよ。

次回、ギルドへ。

トラックバック

TB*URL

Angel Beats!第11話「Change the World」感想

奏と協力し、戦線メンバーを1人1人成仏させていく事を決めた音無。 まずはユイの未練を解消させ成仏させたもののまだ戦線メンバーはいる訳...

死後の学園世界で発生し始めた驚愕の異変。自分も影に飲まれてあんな形にされたくはないと全力で思っちゃいましたわ(ToT) Angel Beats!第11話『Change the World』

 東名阪組からしたら今頃すぎるが、花澤さん主役おめ~♪  やっとこさ、少し距離はあるけど、公開する範囲にやってきたって感じです(≧▽...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.