edit

西遊記 第6回『森の国』 感想

『武勇伝!!新しい仲間』
冒頭の悟空と悟浄の殺陣かっこよかったですねぇ。
終わり方があっけなさ過ぎたんで、ちょいと残念ですが^-^;
悟浄のお皿には当たらなかったのかな?とほんの1㍉程ですが、心配してました。

今回は勘違いから生まれた事件といった感じでしょうか?

たぶん違うと思いますが、冥蘭が話しかけていた鳥が修周だったんでしょう。
鶏の妖怪だから、生まれたときは鶏なんじゃないかなぁ?と勝手に予測^-^;

悟空と修周はほんとに仲間のようでしたね。
修周が妖怪だということはだいたいわかっていましたが、悟空の優しい心で修周が変わってくれたらなぁ。って思ってました。
けど、お姫様を鳥に変えようとした修周。

悟空はその光景を見ても、修周に倒されても修周を守ろうとした。
助けようとした。
そんな悟空の想いが修周に届いたときはうれしかったですねぇ。

そして、ほんとに修周が仲間になるんじゃないかなぁ?と思った矢先にやっぱりそうなっちゃったかぁ。といった感じでした。

今回の話はだいたい予想がついていましたが、残念です。
そこをあえて、修周を助けてほしかったなぁ。ってすごく思いますね。

さて、妖怪の巣らしき場所での悟空。
『デンデンデデンデン♪ウッキー!』
サブタイトルが武勇伝だったから、使うんじゃないかなぁ?とは、だいたい予想はしていましたが、あの場面で使う意味がなかったような^-^;

とまぁ、感想書いてる最中に忘れきってしまった悟浄の存在(笑)
最後の最後まで消さなくてもいいんじゃないでしょうか^-^;

老子様は相変わらず、カチチカが大好きなようですが、別に登場しなくてもよかったのでは?

まぁ、今回はこの辺で。
次回はどんな話だったっけなぁ?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆孫悟空…香取慎吾   ☆沙悟浄…内村光良
☆猪八戒…伊藤淳史   ☆三蔵法師…深津絵里

☆凛凛…水川あさみ   ☆老子…大倉孝ニ

<各回ゲスト>
☆修周…成宮寛貴    ☆冥蘭…釈由美子

公式HP

第1回感想 | 第2回感想 | 第3回感想 | 第4回感想 | 第5回感想

トラックバック

TB*URL

西遊記第六巻

森の国 『武勇伝!!新しい仲間』6話はいつもとチョット違った感じでした。今回、悟浄を最初と最後にしか出さなかったのはなんでだろ。4人がそろってないと物足りないですね。ウッチャ~ンまぁ単に必要なかったのかもね{/namida/}悟空と修周の友情がメインでしたから。て

西遊記 第6話

今回はちょっと悲しいお話でした。ゲストには修周(成宮寛貴)と冥蘭(釈由美子)。 あれ、スポーツ新聞とかで彼らがゲストになるのは知っていたんですが、サブレギュラー化するんじゃなかったのか。 一話での登場で終わっちゃった・・。 でも、そのことが余計に今回の..

西遊記 第六巻

『森の国』 とある寺院にたどり着いた孫悟空(香取慎吾)たち。 悟空と猪八戒(伊藤淳史)は、寺の観音像を過って壊してしまう。 三蔵法師(深津絵里)に知られたらまずいと、観音像を隠そうとする悟空たちだが、 沙悟浄(内村光良)に悟られてしまった。 すると、悟空と八

・西遊記。第六巻「武勇伝!!新しい仲間」

今夜のフジテレビのドラマ「西遊記」。第六巻(第6話)「武勇伝!!新しい仲間」。今日はなんと言っても、王室の鳥飼いの修周(成宮寛貴)と、国の姫の冥蘭(釈由美子)の出演ですねえ(笑)。いやー、沙悟浄(内村光良)のアクションは、安心して!?見れますね(笑)。猪八

西遊記 第六巻 森の国

悟浄(内村光良)は疲れている三蔵(深津絵里)に村でにわとりでも貰ってきて食べましょうと提案するが悟空(香取慎吾)も八戒(伊藤淳史)も仏の道を理解して我慢してるのだから、と断る。悟空と八戒はお寺でにわとりを捕まえようとして、千手観....

ドラマ・西遊記 ~第6回~

 三蔵法師の仲間に鶏ですか?悪くはなかったんですけどねぇ・・・。八戒に似てイケメンですから(笑)仲間になろうとして悟空たちのほうに歩き出した時に矢で射抜かれたときはかなり辛くなってしまいましたね。せっかくやり直そうとしたのに、それすら許されないことって..

西遊記 第六話 「森の国」

ある寺院の外で焚き火を囲んで話す三蔵法師(深津絵里)と沙悟浄(内村光良)。 悟浄は、旅を続けるために精をつけるため鶏でも食べようと三蔵に勧める。 しかし、三蔵は仏に仕える身と首をふる。

西遊記 第六話「森の国」

いつものように食い物を探していた悟空と猪八戒ですが沙悟浄に悪行がバレてしまいなんとか和尚さんに隠そうと何とか策を練っていました。でもこれは全くストーリーに関係ありませんけどね

『西遊記』第六話(その一) -狂おしきほどに、君を想わん-

──何を、間違った?──何故、こうなってしまう?──ただ、姫君を想い続けていただけなのに!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ということで、まずは『鶏肖魔人』こと修周について、背景の描写を含めて語..

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.