edit

アンフェア 第5回『愛娘が消えた!衝撃の募金型誘拐』 感想

あの編集長すごいムカつく!
確かに他の事件で同じ事をしてきたのかもしれないけど、編集長を信じて話をしたのに、それを一瞬で裏切る。
人間として最低もいいところです。

次期デスクとして推薦してやる。
その一言で、佐藤の部下は取材に回って記事を書いた。
が、記事を最終確認してもらうために、佐藤に電話をした。
編集長の言葉を信じきっていなかったんでしょうね。
佐藤はいい部下を持ったって感じですかね。

それを知った雪平は、急いで報道協定?マスコミ協定?でしたっけ?
それをするようにした。

間一髪で間に合ったからよかったですけど、あの編集長はほんとムカつく。
記事を辞めさせに佐藤が編集長のところに行くと、この記事を出したら、次期編集長に推してやる。
次期、次期ってなんだよ!
絶対嘘だろ。
ほんとむかつくなぁ。

小久保も山路もムカつくなぁ。
おとり捜査の失敗は実行に移した、小久保の責任だろぉ。
それに周りの刑事の反応もムカつくなぁ。
それが責任で雪平は自宅謹慎。
自分の娘の命が危ないって時に何も出来ない。
落ち着かなくて当然ですよ。

自宅謹慎は解かれたわけではないが、事件を公開するということは、公開捜査になるということから、雪平は独自に捜査を開始。

その間、元夫の佐藤と直接会って話をした。
佐藤は雪平が、雪平は佐藤が。
と、互いに、美央ちゃんが連れ去られたことを互いのせいにして言い争った。
そんなことをしている場合じゃないと思うけど、自分のせいにしたくないのが人間ですね。
そして、そんな光景を写真に撮った人物。
誰なんだろ?

さて、雪平はなぜか牧村の家へ。
何でだろ?
そして、牧村の家から持ち去ったパスワードでロックされたPC。
中には今回の事件の何か重要なものが入ってると読んだんでしょうか?
次回明らかになるかな?

さて、事件は複雑なものになってきましたね。

初めの犯人の要求は、警察に言うな。
次は、マスコミを通して全国に知らせろ。
そして、第3の要求は、全国民に10円ずつの募金。
その振込先は雪平。

犯人の目的が全くわからない。

そして、『アンフェアなのは誰か?』

警察と瀬崎の関係者しか知るはずのないフレーズ。
事件は続いていた。

最終回がどうなるのか、ほんと楽しみでしょうがないです。
次回はまた複雑になりそうな感じです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆雪平夏見…篠原涼子   ☆安藤一之…瑛太
☆小久保祐二…阿部サダヲ ☆蓮見杏奈…濱田マリ

☆三上薫…加藤雅也

☆久留米隆一郎…井上順(特別出演)
☆牧村紀世子…木村多江  ☆山路哲夫…寺島進
☆佐藤和夫…香川照之   ☆瀬崎一郎…西島秀俊

公式HP

第1回感想 | 第2回感想 | 第3回感想 | 第4回感想

トラックバック

TB*URL

アンフェアなのは誰か

ドラマ「アンフェア」を見る。娘の誘拐を編集長だけに打ち明けたのにすぐにスクープとして報道しよようとしたなんだよ!って思ったけどマスコミって確かに自分じゃなかったら書いていたのか、とかちょっとギリギリのところがあって考えさせられた。その後、秋篠宮紀子さまの

アンフェア 第5話:愛娘が消えた!衝撃の募金型誘拐

(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッすげぇぞっ!{/hakushu/}先週、犯人射殺という消化不良な終わり方に悶々としてたら、あちこちのブロガーさんが事件はまだ終結してないのでは?との予想をされてたんですよね~。で、結果は・・・大当たり~~~{/good/

アンフェア 【アンフェアなのは誰か】

この展開は面白かったし、「アンフェアなのは誰か」という言葉だけで、ドキドキしたので、瀬崎の事件で「アンフェア」を多用してきたのには意味があったという気がします。そして、この言葉を警察関係者しか知らない、という展開に持ってきたのも、これからの期待につながり

【ドラマ雑感】 アンフェア ( V /全11回) 「愛娘が消えた!衝撃の募金型誘拐」

 アンフェア(第5話)◇世間を騒がせた“小説型予告殺人事件”が解決した直後、雪平(篠原涼子)の娘の美央(向井地美音)が家政婦の牧村(木村多江)とともに誘拐された。犯人は警察に届けたら娘は死ぬと電話で告げるが、雪平は上司の安本(志賀廣太郎)に連絡、極秘捜査を

アンフェア Ⅴ

誘拐犯が最後に言った言葉。「アンフェアなのは誰か?」雪平が呟く。「『アンフェアなのは誰か?』「雪平さん!」安藤が声を荒げた。「この暗号を知ってるのは、瀬崎に繋がっている人間か…警察の人間だけですよ」小久保が安藤を振り返り冷徹に言う。「まだ終わってなかった

「アンフェア」第5話 ~愛娘が消えた!衝撃の募金型誘拐~

募金型誘拐。。。うまいこと考えましたね。12億、集まらなかったらどうするの?世間の冷たさに雪平が泣くとか。それを狙ってるのか?報道協定とは人質を守るために協定を張るわけでもしも被害者側が了解するならマスコミがその判断で報道してもいいのだと今回のことでわかり

「アンフェア」5

こんばんは。「アンフェア」5話をみました。いや~~面白かった。あらすじと感想を書きました。

アンフェア 第5話 「愛娘が消えた!衝撃の募金型誘拐」 【感想】

あらすじは、こちらから→オフィシャルサイト アンフェア夏見にかかった電話や、和夫の携帯にかかった電話も、場所の特定を避ける為、色んな国(今回はジャマイカ・モンゴル)の

「アンフェア」第5話

瀬崎さん(西島秀俊)が死んで、連続殺人事件がとりあえず終わって(?)、ちょっとテンション下がってました。 今回は薫ちゃん(加藤雅也)がいい人になり、安藤くん(瑛太)が怪しい人になってましたね。 なんだか、わざと交代で怪しくしてる気がして、ちょっとやり過ぎな感

『アンフェア』第5回感想&原作読後所見

「募金型誘拐」初回ですが、ネタフリというにはもう少しネタが欲しかった気はする。

ドラマ・アンフェア ~第5回~

 「特殊任務?」と言ってそそくさと雪平についていった三上さんには大いに笑わせていただきました(爆)しかも特殊班に混じってラーメン屋の変装までしてしまうなんて、なんてお茶目なんでしょう?いつもの捜査会議と言い、やっぱり彼は刑事になりたかったんでしょうね。..

アンフェア V

『愛娘が消えた!衝撃の募金型誘拐』 世間を騒がせた“小説型予告殺人事件”も解決し、平静を取り戻すかに思えた 矢先、雪平(篠原涼子)の別居中の娘・美央(向井地美音)が誘拐される。 雪平の携帯に非通知で電話が入る。 「雪平夏見さん。 女と娘は預かった。 警察に

アンフェア#5

実はまだ片が付いていないのだよ。と言わんばかりに、「推理小説連続殺人事件」のおさらいからはじまった第5話。今回は、元夫・佐藤和夫の普通っぽさが、やたらと目立っていたように思います。雪平に、娘の帰宅を確認しなかったのか、と聞かれた時のなんともいえない間

アンフェア 第五話 「愛娘が消えた!衝撃の募金型誘拐」

瀬崎(西島秀俊)の死から複雑な思いを残しながらも、事件が一段落し安堵していると、 雪平(篠原涼子)の携帯電話が鳴る。 コンピューターで合成された声の主は、「女と娘は預かった。警察に届けたら娘は死ぬ」と告げる。 雪平は、動揺しつつもその電話の声を杏奈(濱田マ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

複雑に絡んだ二つの事件。何が何だかもう・・・(笑)。
前回の事件でも殺人犯の小説を売ろうとする編集者がいましたよね~。
金になるなら何でもありという最近のマスコミのあり方にも警鐘を鳴らしてる?

v-276まこさんコメントありがとうございます。
ほんとに複雑ですよね。
まさか、前回の事件と今回の事件が絡んでくるなんて思ってもみなかったので、余計にこんがらがります。

>金になるなら何でもあり
これはほんと嫌ですよ。
あの編集長の子供が誘拐されたら、自分だって記事にしようとしないと思うのに・・・
ほんとムカつきました。

こんにちは!
今回も面白かったですねーーー!!
回を増すごとに、犯人が誰だかわからなく
なってきますよね(笑)
いったい誰なんでしょう??
今回は編集長かなりむかつきましたね!!
自分の子供が誘拐されても自分で書くんでしょうか?!

v-276The Sea Monkeyさんコメントありがとうございます。
お久しぶりです^-^
確かに回を増すごとに犯人が誰かわからなくなりますね^-^;
だから、面白いんですけどね。

>自分の子供が誘拐されても自分で書くんでしょうか?!
あの編集長は絶対書かないと思いますね。
だから、余計にムカつきますよ。

これから、どうなっていくのかがすっごい楽しみです。

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad