edit

アンフェア 第4回『真犯人現る!すべてのナゾが今…』 感想

『一瞬のためらいもなく…』
前回の予想はほとんどはずれてしまいました。

真犯人はやっぱり瀬崎でしたね。

そうなってくると疑問が残ってしまったわけです。
平井が書いていた小説とは何だったんだろうか?
推理小説は瀬崎が書いたものだとすると、ちょっと気になる。

『か弱き者』

美央ちゃんじゃなくてよかった。
けど、牧村さんはなぜ突然連れ出したのだろうか?
そして、もっと遠くとは?

牧村さんは娘と夫という大切な人を亡くしてしまった女性。
絵本作家をしていたが、娘と夫を亡くしたことで書くことが出来なくなった。
前回は美央ちゃんを殺害するんじゃないかなぁ?って予想していたのが恥ずかしいです。

さて、本当の『か弱き者』は今まで容疑者だと思っていた平井だった。
薫ちゃんのおかげで、犯行予告の場所を特定出来たのに、助けることは出来なかった。

久留米の動きが怪しすぎる。
久留米は平井があの小説を書くことが出来ないと予想していましたね。
そして、瀬崎が書いているのであろうとも予想はしていたでしょう。
そんでもって、平井の代わりの新しいゴーストライターは理恵子の同僚の橋野。
これは、だいたい予想はついていましたけどね。

瀬崎の小説のラストシーンは薫ちゃんから渡された手書きの一枚の紙だった。
それは、実際のラストと全く同じ結末だった。

こうして、今回で『小説型予告殺人』が幕を閉じたわけですが、新たな事件がは幕を開けてしまった。

東京タワーを書くために佐藤に黙って出掛けていた、美央ちゃんと牧村さんが連れ去られた。
そして、『小説型予告殺人』が終わり、心も体も疲れきっている雪平に電話がかかってきた。
それは、『女と娘は預かった…』という電話だった。

次回からは『募金型身代金要求事件』。
雪平は無事、娘と牧村さんを助け出すことが出来るのでしょうか?
そして、誘拐した目的とは?犯人は誰なのか?

次回からも楽しみです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆雪平夏見…篠原涼子   ☆安藤一之…瑛太
☆小久保祐二…阿部サダヲ ☆蓮見杏奈…濱田マリ

☆三上薫…加藤雅也

☆久留米隆一郎…井上順(特別出演)
☆牧村紀世子…木村多江  ☆山路哲夫…寺島進
☆佐藤和夫…香川照之   ☆瀬崎一郎…西島秀俊

公式HP

第1回感想 | 第2回感想 | 第3回感想

トラックバック

TB*URL

『アンフェア』第4回感想

取り急ぎあげます。ちょっと時間を空けてネタばれOKになったら追記します。

【ドラマ雑感】 アンフェア ( IV /全11回) 「真犯人現る!すべてのナゾが今…」

 アンフェア(第4話)◇警察の囮捜査は失敗に終わり、犯人は予告通り\"か弱き者\"の命を奪うと宣言。夕日を背にして東京タワーが見えるビルの屋上で殺害するという。条件に該当するビルは4千以上もあるため特定できず、雪平(篠原涼子)らは苛立ちを隠せない。安

アンフェア 全ては奴の手のひらの上(・・?

前回美央ちゃんのピンチで終わったアンフェアはたしてか弱き者とは美央ちゃんの事なのか!そしてとんでもなくあやしい家政婦は?キャストはこんな感じです(^^)雪平夏見 … 篠原涼子 ←バツイチ子持ちの主人公安藤一之 … 瑛太   ←雪平の子分(・・?ドレイ瀬崎一

アンフェア 第4話

昨晩の第4話で「第一部 完」といったところでしょうか。平井唯人(眞島秀和)が「か

アンフェア4話「真犯人現る!すべてのナゾが今…」

「推理小説」の犯人はやっぱりあの人でしたね~絶対、平井でないと思ったのであの人しかいないと思ったしね。でも、か弱き者は美央ちゃんだと思ってたからちょっとビックリ。でも、美央ちゃんとお手伝いさん誰かに誘拐されてしまった!うーーん、一難去ってまた一難!

「アンフェア」第4話  揺るがない、篠原涼子・・。

今週の三上検視官は音の捜査官。小手川裕子とのタイ勝負でしたね。お見事。あんな風に分析して場所を特定するって凄い。ドラマだから多少大げさにはしてるでしょうけど、実際の分析もこんな風にやるのかしら?本当に面白かった! 該当するビルは約4000件。捜査員は

アンフェア 第4話 「真犯人現る!すべてのナゾが今…」 【感想】

あらすじは、こちら→オフィシャルサイト アンフェア『か弱き者』とは平井唯人(眞島秀和)でした。“小説型予告殺人”(連続殺人犯)は瀬崎一郎(西島秀俊)だった訳ですが…

アンフェア ?

『真犯人現る!すべての謎が今・・・・』 すでに4人が殺害された前代未聞の“推理小説型予告殺人事件”。 容疑者として小説家志望の平井唯人(眞島秀和)が指名手配されるが、 依然行方はわからないままだ。 警察はおとり捜査を行うが失敗。逆に、その“制裁”として5人目

・アンフェア第4話

フジテレビ系列で放映されている、ドラマ「アンフェア」(関西テレビ・共同テレビが制作)。第4話(2006年1月31日(火)放送)の感想を、以下に書きます。個人的な意見・感想なので、あーだこーだ、非常に厳しい突っ込みはご遠慮下さいね(笑)相変わらず、捜査一課

引っ張ったのは裏番組対策(Ns'あおい・アンフェア#4)

『アンフェア』 16.0%多江さんが多江さんが多江さんがぁ!!!先週と同じ(爆)

アンフェア 第4回

アンフェア見ました。やはり、犯人は瀬崎でした。瀬崎、自分が雪平に射殺されることを小説に書いていて雪平のことをどう思ってたのかなと思いました。小説家の先生の新たなゴーストライターとかまた事件に発展するぞと予想させるようでした。牧村さん、彼女もな

ドラマ・アンフェア ~第4回~

 犯人は瀬崎だったんでしょうか?編集長を人質にとって殺そうとする寸前に一発で胸を撃ち抜いた雪平でしたが、表情と疲れ振りから推測すると何か釈然としないものが残っているような感じを受けました。確かにシナリオを書いたのは瀬崎だったかもしれませんが、ここで瀬崎..

アンフェア 第四話 「真犯人現る!すべてのナゾが今…」

犯人は、未央を狙うかもかもしれないんだと佐藤は、焦っていた。 犯人の言う夕日を背に東京タワーが見えるビルは約4000件 山路が、その中で人が出入りしやすいビルを探せという。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad