edit

シアター!/有川浩(著) 読了

シアター!/有川浩(著)面白かった!
読み始めたら一気に進みましたね。
かなり笑いました。

300万円の借金から始まるストーリー。
2年で劇団の売り上げだけで返済出来なければ即解散。

登場人物が相変わらずいいですね。

もっとそれぞれの話が聞きたかった。
その点がちょっと物足りなかった部分になりますね。
まぁ、登場人物が多いと多少はしょうがないんでしょうけどね。

ストーリーとしては有川さんだからラブコメな感じがちょっと入るのかな?
と思ってたんですけどね。
そういうのはなしで。

その後の彼らを読みたいと思いました。

以下ネタバレ含みつつ感想続けます。
まずは、鉄血宰相と呼ばれるシアターフラッグ主宰・巧の兄である司。
何だかんだで優しいいい兄ちゃんでした。
しょっぱなの「吊す」には笑ったw
どっからどう吊るすんだよw
言うとか思うだけじゃなくて、ホワイトボードにまで書くとか。
ほんと色々と楽しませてくれた兄ちゃんでした。

シアターフラッグに入った新人。
芸暦は長く声優としては色々と主要キャストの声を担当している女性・千歳。
てっきり、千歳と司が恋人になんのかなぁ?
とか思いながら読んでたんですよねぇ。
最後も可愛かったですしね。

劇団であるシアターフラッグはもっとどうしようもない劇団なのかと思ってました。
けど、かなり有名な部類に入る劇団だったようで。
内容がわかりやすいために、演劇に慣れていない人でも楽しめる。
その人がリピーターとなり別の人を連れてくる。
そんな感じで集客から考えるとマイナーメジャーなんだそうな。
で、そんなところでも赤字になる。

それをどうにかしようと削れるところを削って、
考え方を改めさせたら、、、
あっという間に目標金額に達成出来るだけの利益が出るというね。
ほんと今まで一体何をしてたのやらw
ですよ^^;

やっぱり根幹にあった考え方がよくなかったんでしょうね。

利益は出たけど千秋楽の日に別のフロアから火事で払い戻しとなって少なくなってしまったわけですが。
それでも、ちゃんと時間をかければ利益は上がるということが証明された。

主宰の巧ですが。
甘え上手だのぉw
で、鈍感^^;
それはまぁ幼少期のこともあってなんでしょうけどね。
大変な幼少期を送っていた時に転換点となったのが演劇との出会い。
劇団のシナリオだけじゃなくて、ギャラの出るような仕事まで受けてることにビックリしましたね。
何だかんだですごい劇団なんじゃん。
てな感じで。
ギャラが出るような仕事でも名前は滅多に出ないらしいですし、
1つミスれば取って代わる人はいくらでもいる。
それでも、そういう仕事も来ない人はいくらでもいるんでしょうしさ。
やっぱりすごいですよね。

劇中劇にはモデルになった作品があるそうで。
そのことについてはあとがき等に書かれています。

さてはて、終わり方には満足といえば満足なのですが。
その後の彼らが本当に読みたいです。

個人的には登場人物の1人にスポットライトを当てた感じのスピンアウトでしたっけ?
あぁいうのならスズの過去の大失敗を知りたいですねw
今回のこと以外に一体何をしでかしてきたのかを、色々と見たいものです。

短編でもいいので、その後的なものは本当に読みたいなぁ。
と思う作品です。
続編とか予定してんのかなぁ?

とにかくまぁ、楽しませてもらいました。

トラックバック

TB*URL

「シアター!」有川浩

小劇団―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの30...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.