edit

新世紀エヴァンゲリオン #19

第弐拾四話 『最後のシ者』
カヲルってこんなにちょっとしか出なかったんですね。
それなのに印象に残るキャラですね。

正体は使徒でエヴァとのシンクロ率を自在に操作することが出来る。
そして、使徒としての力でエヴァ弐号機を外から動かした。

心はあるが閉じこもっている。
だから動かすことが出来る。

そして、シンジにより殺される。

地下にいたのはアダムでなくリリス。
そして、レイの正体は。。。

初めて好きと言われた。
嬉しかった。
心を塞ぎこんでしまうようですね。

ってことで、後2話ですね。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.