edit

Q.E.D. 証明終了 第8回 感想

『罪と罰』
いやぁ、今回はアホかと思って笑ってしまった^^;

自分で自分をどんどん追いつめて何してんだかw
完全犯罪には程遠いにもほどがある^^;
模倣だし。
ていうか、模倣しきれてないしね。
自分の家が連続強盗犯に狙われるような家じゃないからね。
その時点で完全犯罪不成立ですな^^;

ただ、燈馬の証明は不完全だった。
本当に殺してはいない。
二重人格で本当に連続強盗犯だったけど、そっちの記憶とかないとか。
そんな結末かなぁ?
とか思ったんですけどね。
違いましたね^^;

後々恨まれたりするよねぇ。
ただ、燈馬の言う事は合ってるんですよね。
確かに顔見れるのはタンスを開けた瞬間の殺す直前。
それ以前にあったことがないのならね。

ほんとに動けば動くほど自分の首絞める犯人でしたね。


燈馬大丈夫かなぁ?
あんなに取り乱す犯人は今までいなかったですからね。
かなりショック受けてたっぽい。


しっかし、可奈せけぇなw
どんだけ食うんだか^^;


お父さんて意外とすごい刑事さんだったのですなぁ。
そんな感じしなかったよ^^;


で、結局本当の犯人は捕まらずに事件は終わっちゃったんでしょうかね?
他の強盗事件についてだけは違うって証明されればええですがね。
殺人は燈馬の言ってることがしっくりきすぎるため違うっての難しそうだぁねぇ。
ほんと何してんだかね。


次回は埋蔵金。
ではなくてタイムカプセルと思い出せない少年。

んで、その次は最終回だそうです。
全9話かぁ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆水原可奈…高橋愛   ☆燈馬想…中村蒼

☆水原幸太郎…石黒賢   ☆笹塚真人…富岡晃一郎

公式HP

第1回感想 | 第2回感想 | 第3回感想 | 第4回感想 | 第5回感想
第6回感想 | 第7回感想

トラックバック

TB*URL

NHKドラマ8 Q.E.D.証明終了 第8回 怪しい被害者

『罪と罰』内容今の世の中に、いらだちを覚える大学院生・千田川邦彦(北条隆博)“不公平だ、なぜ、オレが金に困っている”そんななか貧乏暮らしの千田川のアパートに、窃盗事件。ゲソ痕や、侵入の手口から、最近発生している連続窃盗犯による仕業だと水原警部(石黒賢)...

ドラマ「Q.E.D.~証明終了~」第8回の感想

「Q.E.D.~証明終了~」のドラマ第8回の感想です。(全10回) by0時 今回は原作24巻の「罪と罰」! Q.E.D.―証明終了 (24)(2006/05/17)加藤 元浩商品詳...

【Q.E.D.証明終了】第8話

千田川邦彦は大学院生。親が倒れて学費を払えなくなり、日夜バイトに明け暮れて疲れている。世の中は不公平だ。と邦彦は思う。ある日、連続窃盗犯をまねて自分の家に泥棒が入ったように見せかけた。そうやって自分を被害者に仕立ててから、近所の大金持ちの家に忍び込んだ...

Q.E.D. 証明終了 第8回「罪と罰」

かなり疲れた大学院生登場! 「オレは、学業優秀で大学院に通っている・・・ オレには、約束された未来がある・・・」 かなり自意識...

NHK「Q.E.D. 証明終了」第8話:罪と罰 ~連続窃盗事件の怪しい被害者?

「Q.E.D. 証明終了」破れたり! 想の推理は間違っている? ならば、どうして千田川は、サンタみたいな爺さん…と口にしたのか? 「Q.E.D.」は視聴者に突き付けられた?

Q.E.D.~証明終了 第8話:罪と罰

千田川が犯人?(*\'ω\'*)ん? 可奈は期末テストを前にしても勉強する気がのらない。 想に喫茶店でスウィーツを食べようと誘う。 そんな2人を苦々しく見ていたのは大学院生の千田川邦彦。 学費を稼ぐためにバイトに明け暮れても生活に困っている。 「優秀な俺がなんで?...

Q.E.D 証明終了 罪と罰

冒頭は、「ややっ、銭ゲバかっ!」ってぐらいの、どよどよな雰囲気 世への不満。恨み、つらみで、暗黒オーラたちこめるモノローグ こんなに優秀なのにぃ、将来を嘱望されてたのにぃ… オウチの事情。授業料の支払いもままならず、四六時中バイトしても、借金に追われ...

Q.E.D証明終了#8

ドSがいるわきゃ~ドSだドS連続強盗範に狙われる家ってどうよ?これって完全犯罪不成立じゃないだろうかたまには証明が完全じゃないときもあるよね~二重人格ですか記憶がないんです燈馬の言う事は合ってると思う今回の犯人は自分で首絞めてるよ~まぬけな奴目こんなに...

スイーツ三昧テッテケテー(高橋愛)殺人現場でQ.E.D.(中村蒼)血脈の果てに(仲間由紀恵)

長生きするとひ孫の心配もしなければならないのだな。しかし・・・人類は百万年ドミノ

【Q.E.D.証明終了】第8話等プチ感想

「Q.E.D.証明終了」は好きで、毎回、見ています。このドラマ、話の展開のパターンがいろいろあるので、面白いですね♪脚本の藤本有紀さんも演出の伊勢田雅也さんも「ちりとてちん」の方なので、最初の頃は、「ちりとてちん」の名残を感じました。でも、最近、いろい...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「本当の犯人」というのがどちらを指してるのかちょっと分かりませんが、
連続窃盗犯→まだ捕まってない
殺人犯→千田川
でこの事件は終わりです。
模倣窃盗と殺人を犯したのは間違いなく千田川で、水原警部もその二つと連続窃盗事件は別物だと考えていましたし、連続窃盗の方は原作でも後日談は描かれていません。
燈馬の証明も不完全ではなく、千田川は自分で殺しておきながら「俺は犯人じゃない!」と思い込んでいただけに過ぎません。
殺人を犯した事によるショックでパニックになり、現実逃避する事で平静を保とうとした防衛機能の一種ですね。

このエピソードは元々作者が『犯人が「俺は犯人じゃない!」と言い続け、読者がそれを信じて、犯人に同情したならしめたもの』という見る人を騙す為に作られた叙述トリック物です。
したがって、視聴者が犯人に同情した時点で作者の思うつぼという訳でして(^^;
ドラマではその辺が上手く作られていましたね。

0時さんへ

僕はまんまとしてやられたってことですか^^;

それならそれで、ちゃんと殺したシーンあってほしかったなぁ。
タンスの足跡で回想ありましたけど、目が合って終わりだったんでね。

騙されても仕方ないですよ^^;
まぁ、本当によく出来てたんだなぁ。
って0時さんのコメント読んでわかりました。

HPのあらすじ

こんにちは。はじめまして。
今回は納得できない点がありまして。
NHKの公式HPのあらすじの内容と、テレビのあらすじの内容違うように思えるのですが・・。なんかこうここまで納得できないドラマ久しぶりです。

NHK公式HPより
「第8回「罪と罰」
…2009年2月26日放送予定
 可奈(高橋愛)は期末テストを前にしても勉強する気がのらない。想(中村蒼)に喫茶店でスウィーツを食べようと誘う。そんな2人を苦々しく見ていたのは大学院生の千田川邦彦(北条隆博)。学費を稼ぐためにバイトに明け暮れても生活に困っている。「優秀な俺がなんでこんなに金に困っている!?」と不公平感を募らせていた。近所で連続窃盗事件が起きているのに便乗して、千田川は犯行を試みる。一方、水原警部(石黒賢)は5件目の連続窃盗事件の捜査にあっていた。被害者は大学院生の千田川のアパート。犯行の手口は連続窃盗犯と同じだった。実は千田川が自分のアパートに強盗を装って忍び込み、被害者として名乗り出て、その後の犯行をうまくやろうとする計画だったのだ。しかし数日後、千田川が盗みに入った家では、老人がすでに殺されていた。千田川は引き出しの金を盗んで逃げる。水原警部(石黒賢)は殺人の容疑者としてギリギリと千田川を追い詰めていくのだが、立件するには決定的な証拠がない。可奈と一緒に千田川に呼び出された想は、何気なく聞いた千田川の言葉から事件を一気に解決する!」

最後の部分・・「立件する前に決定的な証拠がない」
あれ?立件しようとしたっけ??逮捕されてたんじゃ??

もしかして、手抜き??
モヤモヤでいっぱいな展開です。

しゅうさんへ

別におかしくないんじゃないでしょうか?
完全に個人的な解釈ですけど。

「立件する前に決定的な証拠がない」
決定的な証拠がなかったから立件出来ない。
だから、立件しようとはしなかった。
で、燈馬が事件についての食い違いを指摘して強盗したことは認めさせたから逮捕した。

僕はモヤモヤしなかったので、こんな感じにしか言えませんが。
お問い合わせフォームっていうのがHPの下にあるので聞いてみてはどうでしょう。

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.