edit

メイちゃんの執事 第7回 感想

『オレがそばにいる』
多美と神田は同じ施設出身だった。
しかし、その施設がなくなったことで2人はバラバラに。
路頭に迷っていた多美を救ったのがルチアだった。
女神が現れた。
多美はそう思った。


そして、今にいたる。


何度も本気で殺そうとした。
ソーレの4人に指示を出していたのも多美だったそうで。
そんでもって、オンブラにいるのはわざとだったようで。
そこまでルチアに心酔してたのですなぁ。


メイと剣人を救ったのは理人ではなく神田だった。
これ以上多美の手を汚させたくない。

神田は気付いてたわけですなぁ。
けど、それを止めることが出来なかった。
見てて辛かったでしょうなぁ。

そんな神田はメイに期待していたらしい。
メイなら今の多美の状況を変えてくれるかもしれないと思ったようで。
しかし、変えられなかった。


メイはみんなのために理人のために退学を選んだ。


それを引きとめようとするクラスのみんな。

プレゼント作戦。
いなくなる人への贈り物。
送り出したいのか?w

笑顔作戦。
泉・木場の腹話術。
みるく・大門のものまねクイズ。
不二子と根津のものまねてw
そして、最後は、、、
リカの爆発頭。
おいおいw
何してんだよ^^;
で、すべったと出て行く。
それを追いかけた青山の顔がドアに挟まったw
これが一番よかったと思うぞw
青山ナイスだw

そして、最後はうどん。
メイにうどんを食べさせよう。
しかしまぁ、みんなメチャクチャだなw
そんなこんなで見てられなかったメイはみんなと一緒にうどんを作った。

最初はこんなの食べられないと捨てたのにねぇ^^;
今じゃ美味しいって。
変わるもんですなぁw


最後の思い出が出来た。
結局メイは退学を選んだ。


理人はメイに自分が1年前から知っていたことを話した。
壊れていくルチアを見ているのが辛くて逃げ出した。
そして、執事を辞めようと考えていた。
そこで、メイを見た。
しばらくメイの生活を観察した。
メイの言う普通の生活がその時の理人にはとても心地よかった。
そして、もしメイが誰かに守られなきゃならない状況になったとき。
メイを守るのは自分だと決めた。

けど、この学園に来てからあなたを守る事が出来ていなかった。
そして、いつしか執事としてではなく男としてあなたを見るようになっていた。


メイはお礼を言い学園を去った。


ローズさんのキャラいいなぁw
元ルチアってことですよね?
んで、メイの父親の婚約者だった。
ってことになるのかな?
抜け殻でも何でもいい。
そう思っていた。
けど、それは辛い事だと。
ローズさんはルチアに忠告した。


メイは仲本家へ。
送り届けた双子執事が美冬に捕まったw
誰でもええんかいw


学園ではメイがいなくなったことにみんなが落ち込む。

メイは普通の生活に。
しかし、学園の生活を。
理人を思い出し涙を流す。

剣人は執事を辞めてメイのもとに。

ここにいたい。
メイのそばに。
剣人はメイをギュッと抱きしめた。
ずっとそばにいるから。


理人は熱を出していた。
目を覚ました時、そこにはルチアがいた。


さてはて、多美はどうなるんだろうなぁ?


次回、仲本家にお嬢様と執事が大勢押し寄せる。
兄弟の対決。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆柴田理人…水嶋ヒロ   ☆東雲メイ…榮倉奈々   ☆柴田剣人…佐藤健

☆ルチア…山田優        ☆忍…向井理

☆竜恩寺泉…岩佐真悠子   ☆木場…夕輝壽太
☆華山リカ…大政絢      ☆青山…真山明大
☆夏目不二子…中別府葵   ☆根津…姜暢雄
☆天羽凛…忽那汐里      ☆四谷…丸山智己
☆麻々原みるく…吉田里琴   ☆大門…鈴木亮平

☆山田多美…谷村美月     ☆神田…阿部進之介

☆松城ひかる…中村知世   ☆築地…南圭介
☆竹ノ宮奈央…小嶋陽菜   ☆乃木坂…君沢ユウキ
☆梅島京子…小林きな子   ☆六本木…加藤慶祐

☆上村香織…菊里ひかり   ☆中目黒…山口賢貴
☆中野ゆう子…秋山多奈   ☆御徒町…鹿内大嗣

☆大地由真…臼田あさ美   ☆水沢聡美…ホラン千秋
☆火野絵里子…山本彩乃   ☆風間藍…石橋菜津美

☆赤羽右近…高木万平   ☆赤羽左近…高木心平

☆ローズ…堀内敬子   ☆桜庭…鈴木浩介

☆仲本夏美…星井七瀬   ☆仲本美冬…北川弘美
☆仲本秋子…石野真子   ☆仲本春平…杉本哲太

☆本郷金太郎…津川雅彦

公式HP

第1回感想 | 第2回感想 | 第3回感想 | 第4回感想 | 第5回感想
第6回感想

トラックバック

TB*URL

メイちゃんの執事 第7話「オレがそばにいる」

第7話「オレがそばにいる」

故郷へGO!彼女が私服にきがえたら、波の数だけ抱きしめて(メイちゃんの執事#7)

『メイちゃんの執事』 聖ルチアに秩序を!!!山田多美@“くノ一・如月”谷村美月ったら、車椅子に乗った最高権力者・ルチアこと本郷詩織@“槇子さま”山田優の僕で、太陽四人衆をも操っていたのね!!!「時のない館」で襲われた、うどん屋「しの...

メイちゃんの執事 第7話 学園を去る日

『オレがそばにいる』内容マメシバ剣人(佐藤健)に告白されたメイ(榮倉奈々)そんななか、多美(谷村美月)の誘導により“時間のない館”に2人は閉じ込められてしまう。そして、、、多美は全てを告白する。メイのまわりで起きてきたことは、、すべて。多美がやったこと...

メイちゃんの執事 第7話「オレがそばにいる」

遂に正体をあらわした多美(谷村美月)ちゃん!! 今までのメイへの嫌がらせは全て彼女の仕業らしい。 「ルチア様のためにお前たちを始...

ドラマ「メイちゃんの執事」第7話

ルチア学園に秩序を----------!!タミーに貶められメイと剣人は危機に!!メイがルチアにきたせいで、いろんな人が傷ついて、いろんな人に迷惑かけてる。その言葉が、メイの胸に突き刺さる。そして、理人にも・・・。迷惑をかけているというのだ。ルチアの大切な理人を奪...

みるく様 と ティータイム♪  多美ィ が ルチア派だった件

山田多美ィが ルチア派だった件について、 みるく様と お茶しながら 考えてみたり ――― ( でも、うちの執事見習いが用意した おやつの方が ちょっと問題アリ?・・・)

メイちゃんの執事 第七話「オレがそばにいる」

多美(谷村美月)に騙されて、森の奥にある古い洋館にやって来たメイ(栄倉奈々)と剣人(佐藤健)。今までメイを襲わせていたり、写真を貼ったりしていたのは、全部自分だったと多美は二人に告げ、お前が学園に来たせいで、みんな不幸になったと、多美はメイの言い放つ。黒マス...

『メイちゃんの執事#07』の感想

●『メイちゃんの執事』#07の感想 ※ネタバレ注意 理人(水嶋ヒロ)はメイ(栄倉奈々)が「普通だからいい」という。 でも、それは矛盾してるんじゃない? お嬢様に普通を求めるのは無理があるというか、普通が良ければそもそも執事という仕事を選ばなければ良いのでは? ル?...

メイちゃんの執事 第7話

メイちゃんの執事の第7話を見ました。「メイちゃんの執事」オフィシャルフォトブック執事の交換が中止になり、理人も久しぶりにメイのもとへと戻ったが、陰<オンブラ>寮にメイの姿はなかった。何故か嫌な予感に襲われた理人は、寮の部屋を飛び出してメイの行方を追った...

(09冬)メイちゃんの執事(7話)

◇7話「オレがそばにいる」 09/2/24 ★★★★ ~公式サイトより~ 執事の交換が中止になり、理人(水嶋ヒロ)も久しぶりにメイ(榮倉奈...

メイちゃんの執事 第7話:オレがそばにいる

今度は剣人があすなろ抱き~(ё_ё)ウフッ う~ん、メイったら羨まし過ぎるぞっ{/face2_happy_s/} てか、とうとう学園から去ってしまったメイ。皆に迷惑がかかるのを恐れての 配慮なんだろうけど、何だか負けたみたいで納得いかね・・・ 多美の悪事もバラしちゃえばいい...

メイちゃんの執事 第7話

執事の交換が中止となり、理人(水嶋ヒロ)は、久しぶりにメイ(榮倉奈々)のいる オンブラ寮に戻って来たが、そこにメイの姿はなかった。 嫌な予感がした理人は、メイを探し回る。 その頃、メイは剣人(佐藤健)と伝説の「時間<とき>のない館」と呼ばれる森の...

メイちゃんの執事#7

多美ちゃんと神田が同じ施設出身だったとはね本誌ではそんな設定じゃないしルチア様が女神!?そんなの嘘だ~!!だってルチア様は悪女なんだもん何度も本気で殺そうとしてたなんて・・・・・ソーレの4人に指示を出していたのも多美ちゃんだったとはねメイと剣人のピンチ...

メイちゃんの執事 第7話 「オレがそばにいる」

多美(谷村美月)「だから、ルチアさまの為に、あんたたちを始末するっつってんの。」今まで襲ってきた連中は全て多美が仕掛けたものだった。そして理人(水嶋ヒロ)とメイ(榮倉奈々)の写真を隠し撮りして張り出したことも打ち明けるのでした。

「メイちゃんの執事」(第7話:「オレがそばにいる」)

2月24日に放送された「メイちゃんの執事」(第7話)は、メイ(榮倉奈々)と剣人(佐藤 健)が“時間(とき)のない館”で、多美(谷村美月)に襲われるところから話は始まった。今回のエピソードを一通り見ていると、鉄火丼は「次回以降への繋ぎかな…?」という印象を受...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.