edit

セレブと貧乏太郎 第7回 感想

『大ゲンカのふたり』
結婚詐欺師とゴーストライター。
なんともまぁ、どっちもどっちですなぁ^^;
ゴーストライターさんはもちっとハッキリ言えばいいのにねw
詐欺師のほうはお金さえ手に入ればいいって考えだろうから、
当然言わないのはわかるけど。
しかし、みんなニュース見ようよ^^;
誰か気付くだろうに。

まぁ、その入れかわりがなんかうまいこといって。。。

アリスの自伝はモチロンのこと。
安田家の本もなんかいい感じになったw

ゴーストライターさんはゴーストライターを廃業。
ほのぼの小説を書いていくことに。
詐欺師は詐欺をやめたのかな?
てことは自首したのか?
そんな感じではなかった気もするけど^^;

小説家志望だったとはねぇ^^;
別にそういうのなくても良かった気もしますけどね。


緑さんメイド姿になるだけじゃなかったのですかw
何をしてらっしゃるのか^^;
まぁ変ではなかったと思いますけどね。
キレイな方だと思いますんで。


ピアノを弾く後藤田に寄り添っていたアリス。
それを偶然見てしまった太郎。
2人とも若干ボーっとしてたわけですけどね。
そもそも何で寄り添ったのかがわからん^^;
まだ忘れられないんだろうけど。


で、後藤田は何を考えてたんだろうなぁ?
ニューヨークに1人で行った時は。
ママ母に言われてってのはわかるけど。

でもって、アリスはどうなんだかなぁ。


自伝の最後。
太郎のことは自分にとっての1番だ。
みたいなことを書かれていた。
でまぁ、2人はケンカ。
ケンカするほど仲がいいといいますからね。


太郎は好きになったらその人のことでいっぱいになる。
その人がうれしければ自分も悲しければ自分も。
太郎はそういうの自覚なしでしてるんでしょうが^^;


さてはて、後藤田はママ母に切られちゃった。
後藤田これからどうするつもりなんだろうねぇ^^;
で、ママ母がまずしたのは。。。

何で太郎の家のものを差し押さえてるの(;´Д`)ノ


やっぱり社員戻ってるw
ていうか、あの3人よくもまぁ戻れたもんだな^^;


次回、太郎家がバラバラに。
アリスが面倒を見るのかえ?
ていうか、宿のは何だ?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆美田園アリス…上戸彩
☆佐藤太郎…上地雄輔

☆安田幸子…国仲涼子   ☆後藤田司…柏原崇
☆大野緑…三浦理恵子   ☆公文晃…宅間孝行
☆江原まなみ…中山恵   ☆市井静…上野なつひ

☆坂本丈二…田村裕   ☆坂本和樹…黒木辰哉

☆美田園真紀子…若村麻由美

☆安田啓一…山下真司   ☆郡司康夫…風間杜夫

公式HP

第1回感想 | 第2回感想 | 第3回感想 | 第4回感想 | 第5回感想
第6回感想

トラックバック

TB*URL

セレブと貧乏太郎 第7話「大ゲンカのふたり」

 第7話「大ゲンカのふたり」

100億円の自伝 セレブと貧乏太郎#07

久々の『セレブと貧乏太郎』ネタです アリス(上戸彩ちゃん)の自伝を出版することに。 自分で書こうとするが、まったく筆が進まない。 仕方がなく1億円でゴーストライター(姜暢雄くん)に執筆を依頼する。 しかし、そのゴーストライターはなんだかんだいいながら...

セレブと貧乏太郎 第七話「大ゲンカのふたり」

後藤田(柏原崇)の肩に凭れてピアノを聴いたアリス(上戸彩)は、それ以来ぼーっとすることが多くなった。太郎(上地雄輔)も、女心が分からないと、頭を悩ませる。そんな中、アリスの自伝の話が舞い込んでくる。しかしそれはゴーストライターが執筆したもので、真紀子(若村麻?...

セレブと貧乏太郎 第7話 気になる太郎

『大げんかのふたり』内容ある日。アリスの元をふたりの編集者が訪ねてきた。郡司(風間杜夫)によると、1年前自伝出版の契約をしたという。それを出版し映画化まで決まっていると。ゴーストライターが、すでに原稿を仕上げているため、あとはサインだけ。だが、、、よく...

セレブと貧乏太郎 第7話 「大ゲンカのふたり」

自伝を出版することになるアリス(上戸彩)。

セレブと貧乏太郎 「第7話」 感想

おはようございます。 昨日も「セレブと貧乏太郎」見ました(*´∇`*) 第7話でしたね。 序盤から、セレブ御用達のゴーストライターということで、あやしさ爆発でした(笑) まさか詐欺師と本人が間違えられるとは思わなかった~いつもながら展開が面白いで...

セレブと貧乏太郎 #07「大ゲンカのふたり」

アリス(上戸彩)の元に、2人の編集者(トータルテンボス)が訪ねて来る。 彼らはアリスの自伝の出版を契約していたが、サインをする前にその 原稿を読んだアリスは真紀子(若村麻由美)との関係があまりに事実 と異なっていたために激怒する。 そして、自分の自伝は...

セレブと貧乏太郎~第7話 感想

セレブと貧乏太郎ですが、アリス(上戸彩)は自伝を書くことになります。凄腕のゴーストライターに一億で依頼しますが、報酬はスイス銀行に振り込まれます。 巷では結婚詐欺師が跳梁しておりますが、ゴーストライターと詐欺師が入れ代わってしまい何かと騒動を巻き起こし...

くらえ!雷神エネルギー、クワガライジャー確保!(上戸彩)あくまで六歳ですから!(吉田里琴)アリバイはありませんよ(釈由美子)

さて・・・混迷を深める火曜日・・・。上戸彩・国仲涼子VS吉田里琴・加藤ローサVS

「セレブと貧乏太郎」(第7話:「大ゲンカのふたり」)

11月25日に放送された「セレブと貧乏太郎」(第7話)は、アリス(上戸 彩)の自伝を出版する、という事がメインであった。鉄火丼が第7話を見終わって感じた事を一言で言い表すならば、[?]であった。

セレブと貧乏太郎 第七話「大ゲンカのふたり」

美田園アリス(上戸彩)の下に編集者(トータルテンボス)が訪ねて来た。 郡司康夫(風間杜夫)は、アリスが1年前に自伝の出版を契約したと説明。 面倒くさがるアリスだが、原稿はすでに用意してあると言う編集者に、サインだけならと承諾。だが、原稿を読んだアリスは、?...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.