edit

図書館戦争 #10

『里帰り、勃発』
ナレーションはちゃんとしましょうね。郁^^;
「いちず」はあなただよ。


「無事に帰ってこいって言ってんのよ。バカ。。。」
柴崎も可愛いとこあるんじゃないですかぁ♪
てか、素直じゃないねぇ^^;
でもって、手塚にっぶ!w


しかしまぁ、陰湿な嫌がらせだぁねぇ。
荷物は放り投げる。
アホ丸出しの手紙。
洗濯物に水をかける。
最低だのぉ。

けどまぁ、そんなことがあってか郁と堂上の間がまた少し近付いたようで。
「いつものやってください」
頭をナデナデ。
その後、肩を抱いて優しく抱き寄せる。
憎いねぇ。コンニャロw

で、そこまではまだよかった。
アホくさいことですけどね。
ガキと思えば何とか耐えれましたよ。
けど、母親に勝手に言う奴があるかっ!
あんなわかり方一番最悪やないか。
何はどうあれやっぱり本人の口からちゃんと言わせてあげないと。

あの業務部の奴ら最低だ!
でもって、声も最低だ!
下手くそだろ。あれは(;´Д`)

けどまぁ、正面からぶつかりあって新たに知ることが出来たからよかったでしょうね。

ハゲ。ハゲ。言うから一体何のことかさっぱりでしたよ^^;
聞き間違えかともw
あんな過去があったとはねぇ。

しかし、3針ですんだのってすごいなぁ^^;

そりゃまぁ、死ぬかもしれなかったと責められても仕方ないですよね。
お母さんに逆らえなかったのもわかります。

お父さんの方は確実に応援してくれる側になってくれたみたいで。
お母さんはまだまだかかりそうですけどね^^;
お父さんがこれから根気強く話してくれるでしょう。


そんなこんなで郁の大人のケンカで茨城の防衛員もハッキリ言う事が出来た。
よかった。よかった。


どう考えてもおかしかったですからね。
あの館長嫌いだ。
絶対辞めさせられるんだろうね。

そりゃ、暴力がいいとは思えないけど。
良化隊が話を聞くわけないじゃないですか。
作品も作品なのに。


で、前回の予告で郁がカバンに入って何してるのかと思ってたんですけど。
東京に送り返してほしかったんですねw
あの大きい体がよく入ったな^^;


そして、次回は茨城県展の戦い。
良化隊としては絶対に阻止したいでしょうね。
あの展示は。
自由ですかぁ。。。
今の現状に慣れることの方が楽。
と思う人もいるんだろうけど、やっぱりそんなのはおかしいと思う人もいる。
そして、あの作品を見て同じように思う人が増えてくれればいいですね。

トラックバック

TB*URL

図書館戦争 第10話「里帰り、勃発」

第10話「里帰り、勃発」

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.