edit

海猿 第10回『命にかえて』 感想

今回、吉岡がながれの潜水士として戻ってきましたね
バディは大輔。
大輔の指導、考え方は、池澤さんそっくりでしたね。
お前に助けられることなんかないよ。
池澤さんに言われた言葉を吉岡に。
けど、二人は初めからいい感じですね
しっかり大輔は教えているし、吉岡はそれに必死でついていこうと頑張ってますね。
頑張る二人の姿がいいですね。
大輔は池澤さんのことを思い出しながら、自分にしてくれたことを吉岡に教えてるんでしょうね。

矢吹さんはながれに来ませんでしたね。
残念です。

さてはて、大輔と環菜のお泊り。
二人とも緊張してましたね。
けど、環菜のお母さん登場で場の雰囲気が一気に変わりましたね。
まぁ、親としては、あんなの見せられたら困りますよね

しかし、大輔はタオルを巻いたまま何も持たずに家を出た気がするんですが、いつ着替えたんでしょうか(笑)
それはどうでもいいんですけどね。

お母さんに大輔が海保だと言うと、お母さんは猛反対。
海でお父さんを亡くしていたんですね。
だから、海が嫌いであり、海で働く人が嫌いなんですね。
そして、同じ思いを環菜にさせたくなかったんですね。
だけど、環菜は本当に今まで悩んできましたよね。
それでも、大輔を選んだんだから、お母さんには大輔を認めてあげてほしいですね。

そして、今回とても切なかったのは、下川さんと娘の唯ちゃんのシーンですね。
大輔が下川さんに言ったことを、下川さんはすでに里江子さんに言っていたのですが、子供には子供の考えがある。10歳の子にだってそれはある。
当然ですね。
唯ちゃんの気持ちをしっかり理解してあげてほしかったですね。
唯ちゃんのお父さんは下川さんしかいないんですから。
娘の前に出ることのできない下川さんがかわいそうでした。

そんな中でのボートの事故。
残されたのは唯ちゃん。
里江子さんに電話をする下川さん。
唯ちゃんを助ける上で船長に冷静に判断できるかと聞かれ、出来ます。と言いましたが、冷静になれるものなんでしょうか?
大事な娘が事故に巻き込まれたのに冷静でいられないのが普通だと思います。
それでも、出来ますと言った下川さんは、ちょっと見ているのが切なくなります。

次回は、下川さんがボートの中に入る模様。
唯ちゃんを救出出来るんでしょうか?
下川さんは無事に戻れるのでしょうか?
そして、ながれの廃船の日にちが決まった。
次回もとても楽しみです。



キャスト

☆仙崎大輔…伊藤英明   ☆伊沢環菜…加藤あい

☆池澤真樹…仲村トオル

☆吉岡哲也…佐藤隆太   ☆光森千佳…佐藤仁美
☆冬柴康介…鈴木一真
☆下川いわお…時任三郎  ☆山路拓海…平山祐介
☆別所健次郎…三宅弘城  ☆永島康太…坂本真
☆岩松大悟…坂本あきら  ☆三池健児…飯田基祐
☆星野怜…臼田あさ美   ☆大野唯…一木有海
☆勝田孝太郎…夏八木勲(特別出演)
☆大野里江子…奥貫薫   ☆池澤尚子…芳本美代子
☆津田晋平…益岡徹    ☆肥後大作…伊武雅刀

公式HP

トラックバック

TB*URL

海猿第十話「命にかえて」

親と子、それぞれいろんな形が有る。下川と娘。その母親と娘。ふと思う、大野さんは誰と結婚したんだろう。海上保安官の下川さんと結婚したのでは?

海猿〓

今回、大輔と環菜はもう何があっても大丈夫だなぁ~と改めて感じました環菜が母親に『もし彼に何かあったらどうすの?』と言われても全然動揺せず、『そんな心配今まで散々してきたわよ』と言えるぐらいだからなぁ大輔の仕事を含め大輔とこれから一緒に頑張っていこうとい

海猿 10

今回は「子を持つ親の気持ち」の話。潜水士となった吉岡は大輔のバディとなった。吉岡が加わった「ながれ」のメンバーは通常の訓練を行なう。そこで吉岡を指導する大輔は、まるで大輔に接していた池澤のようであった。そんな中、大輔は外泊許可をもらい環菜のアパートにいる

【ドラマ】海猿 第10話 「この手を離さない」

大輔は吹っ切れたみたい。吉岡に対して池澤が大輔にしてきたように先輩らしくなってきている。環菜も仕事が順調のよう。上司も大輔のことを悪く言ったことをわびる。「ながれ」は28年経て廃船が2週間後に決まる。廃船後の船はスクラップになるか訓練の標的になって...

フジテレビ「海猿」第10話:命にかえて

最終回まで残すところ、あと1回。今回は、仙崎の「ながれ」復帰と、下川の妻の再婚に伴う娘との別離と、その娘が巻き込まれた事故。悲劇的な展開はノーサンキューです。

最後のデート(海猿#10)

「そんな心配、もう何度もしてるから。。。。」さらっと母へ言ってのけた環菜。いいです。。。。もうここまで深まった二人の絆。オープニングの例の文字で「最後のデート」が出たとき予感したが、やっぱりそういう展開になったんだぁ。# いや、でもこれ、二人を指してたのか

海猿 ~人の生き死にで話題づくりしすぎやしませんか?~

七月期のドラマもいよいよ終盤戦。 「海猿」は、ここにきてまたもや人が亡くなるかもしれない状況を持ってきている。 海猿自体既に二人亡くなっていることを考えると、あまりに安易なストーリーと感じる。 確かに、海上保安官の仕事はいつも”生きる死ぬ”がつきまとうのは分

海猿 Evolution 10

さて、今回の海猿はだれも死ぬことはなく(お願いだから池澤殉職のシーンはもう流さないで...)終わりまして、ほっとしました。今回のお話は、カンナの母親vs大輔の問題と、下川とその娘ユイちゃんのお話でした。まずはカンナの母親vs大輔の巻ですが、いやーあれは最悪な...

海猿 EVOLUTION10

『命にかえて』 池澤真樹(仲村トオル)の死を乗り越え一つ成長した仙崎大輔(伊藤英明)は、 新しくバディとなった吉岡哲也(佐藤隆太)と訓練に没頭している。 吉岡の訓練を見守りアドバイスを飛ばす大輔。 仲間の潜水士たちも大輔の成長振りが嬉しそう! 大輔は『ながれ

海猿 第10話

大輔(伊藤英明)は、吉岡(佐藤隆太)に訓練用プールで指導する。 荒れ狂う人口波に、波のタイミングを見るようにいう。 その様子を見て、仲間たちは、気合が入っているなと見守る。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TB・コメントありがとうございます!
大輔と吉岡のコンビいい感じでしたね!!
大輔かなり池澤さんそっくりでしたね~!!やっぱり、今まで池澤さんに教わってきたので似ちゃうんでしょうね!
次回、どうなるんでしょうね?!
唯ちゃん助かって欲しいですね!

TB&コメントありがとうございます!
大輔は公私共に充実している感じがしました。
一方下川は大好きな娘さんとの関係が微妙になり残念ですね。
矢吹のこともきちんと乗り越えれた下川なので、唯ちゃんとのこともきちんと乗り越えれたらいいですね。
潜水士としてパパを初めて見る事になる唯ちゃん。2人とも無事でいて欲しいです。

v-22The Sea Monkeyさんコメントありがとうございます。
次回ほんと気になりますね。
唯ちゃん助かってほしいです。

v-22lavishさんコメントありがとうございます。
>矢吹のこともきちんと乗り越えれた下川なので、
>唯ちゃんとのこともきちんと乗り越えれたらいいですね。
乗り越えてほしいですね。
唯ちゃんのパパは下川さんしかいないんですもんね。
>2人とも無事でいて欲しいです。
2人ともほんと無事でいてほしいですね。
もう人は死んでほしくないですi-241

こんにちは!
矢吹はながれに戻ってきませんでしたねー。
残念です!(やっぱり友情出演だから?)
もうこれ以上死者が出ないように祈ります・・・
でも予告の大輔の「辞めます」ってなんだ?
気になるー!

TBありがとうございました!
今回は下川が娘の前で遠慮した態度しかとれなかったところが、もどかしいというか、切ないというか、、、、
そしてこんなことになってしまうなんて、、、
最終回は無事に終わることを祈ります。

v-22gary87さんコメントありがとうございます。
>もうこれ以上死者が出ないように祈ります・・・
誰かが死んでしまうのはほんと悲しすぎますよねi-241
祈るしかないですね。。。

v-22demasseさんコメントありがとうございます。
>下川が娘の前で遠慮した態度しかとれなかったところが、
>もどかしいというか、切ないというか、、、、
ほんと切なかったです。
唯ちゃんは下川さんのことをパパだとちゃんと思ってくれているんだから、ちゃんと話をして下川さんも唯ちゃんも里江子さんも納得できるものを考えてほしいですね。

chanyさん、こんにちは。
下川さんには是非唯ちゃんを救い出して
元気な姿で帰ってきてもらいたいです。
そして、元妻の里江子さんは下川さんに感謝し、
今後自由に親子を会わせてあげる。
これでいきましょう!>監督さま(笑)
でないと映画版を楽しみに出来ません。

TBありがとうございます。
ほんとに、唯ちゃんを救出できるのか心配ですね・・。
下川も無事に帰ってきてほしいです・・。

v-22ちーずさんコメントありがとうございます。
>今後自由に親子を会わせてあげる。
>これでいきましょう!>監督さま(笑)
ほんとに監督様お願いします!
って感じですね。下川さんがかわいそうですよ。
このまま会えなくなるのは。

v-22まりこさんコメントありがとうございます。
ほんとに唯ちゃんも下川さんも無事に帰ってきてほしいですよね。
もう誰も死んでほしくないです。

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad