edit

ロス:タイム:ライフ 最終回 感想

第9節 ひきこもり編
『最終章~終らないロスタイムで掴んだ栄光!ひきこもり青年の起こした奇跡!!』
もちをつまらせて窒息死。

状況が理解できない三浦は主審たちを部屋から追い出す。
主審は尾本@温水さん。
主審になるには人生経験が必要だそうです。

追い出されたのでイエローを出そうとしたのですが間に合わず?
あれ、って結局どうなったんだ?
最後のスタッフロール見逃した^^;
演出の人にイエローが入ってたのは気付いたけど。

追い出した衝撃で電光掲示板を持っていた人はこけてしまい掲示板を落としてしまう。

これは一発退場のレッドものらしいですが、主審気付かず。

今回のロスタイムは12時間。

11時間経ったにも関わらず電光掲示板の数字は動かない。
壊れてしまったみたい。

あっという間に時間は過ぎてロスタイム終了の12時間になる。


しかし、死ななかった。


審判団もわけがわからない。

そんな状況に初めて声だけの出演だった解説と実況の人が姿現しましたよ。


掲示板の数字は動かなくても関係ないということらしいですが。
ほんとに?
と正直疑った。

ただ、それと同時に12年ってこともあんじゃね?
とも思いましたね。


そんなこんなで12日が経つ。
しかし死なない。
審判団は掲示板を持つ人のせいにした。

俺のせい?

と思わずしゃべっちゃうw

12週が経つ。
しかし死なない。

12ヶ月が経つ。
またしても死ねない。

しかし、掲示板の数字が初めて動く。
数字は「11」となる。

三浦のロスタイムは12年だった。


そんな時、母親が倒れてしまう。
救急車に気付き慌てて部屋の扉をあけて飛び出すものの家の外には出られなかった。
病院から帰って来た妹は兄の部屋の前で涙を流す。

お父さんが倒れた時と同じ。

三浦は父が倒れたときのことを思い出していた。

そして、ドアをあけ外に出た。


11年後


三浦は医者になっていた。
とてもいい医者に。


そして、久々に実家に帰った三浦。
母にあの時はごめん。と謝り。
結婚を控えていた妹に結婚おめでとう。
と伝えて2階の自分の部屋へ向かった。
ロスタイムの終了を迎えるために。



最初の1年はかなりムダに過ごしましたけど、それからの11年はかなりいいロスタイムを過ごしたんでしょうね。
表情が全然違いましたよね。
生きてるって感じのイキイキしたいい顔でした。
さすがに12年のロスタイムには延長戦はないですよね^^;
最初の1年ムダにしてるし。
けど、12年もロスタイムするんなら、そのまま延長戦ってのもありだと思うけどなぁ。


で、これもし1人で死なずに近くに誰かいたら、その人は12年間の間スローモーションですか?
その人の人生台無しもいいとこじゃね?
とか考えたんだけどどうなんだろう?


僕はてっきり母親が死にそうになって自分のロスタイムは母親にあげる。
みたいな展開になると思ったんですけどね。
そういうのは不可能な感じですね。
まぁ、お母さんは元気になってましたし。
今回よかったと思いますよ。
僕は好きでしたね。


ところで、看護師編でも登場した大島蓉子さん。
12年も同じ病院で看護師してらしたんですね。同じ病院って勝手に言ってますw
全く老けてないってのが若干怖いんですが^^;
三浦のお母さんが白髪になってちゃんと老いを感じさせたから余計に怖かったさね(;´Д`)


来週は尾本@温水さんの延長戦・前編。
前編というより前半って言った方がいいんじゃね?サッカー的には。
まぁいいけど。

尾本さんが世界の運命を握ってる?みたい。
で、どういうストーリー?^^;
これは今回の三浦の主審が終わってからの出来事になるのかな?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

第1節 カメラマン編   中山春彦…瑛太
               吹石一恵、小市慢太郎、大島蓉子
第2節 刑事編      都並浩太…小山慶一郎
               平泉成、脇知弘、山口美也子
第3節 スキヤキ編    井原淑子…友近
               松澤一之、田島ゆみか、森崎博之
第4節 看護師編     松永由紀子…上野樹里
               設楽統、大島蓉子、武藤晃子
第5節 幼なじみ編    森保甫…伊藤淳史
               美波、池谷のぶえ、阿部朋子
第6節 ヒーローショー編 北澤光一…田中直樹
               田中圭、安田美沙子、片桐はいり
第7節 極道の妻編   竜崎瑠偉子…常盤貴子
               濱田岳、吹越満、宅間孝行
第8節 部長編      堀池清美…真木よう子
               矢島健一、岩佐真悠子、近江谷太朗
第9節 ひきこもり編   三浦謙太郎…大泉洋
               小出早織、田島令子、大島蓉子
???           尾本勇蔵…温水洋一

公式HP

第1回感想 | 第2回感想 | 第3回感想 | 第4回感想 | 第5回感想
第6回感想 | 第7回感想 | 第8回感想

トラックバック

TB*URL

ロス:タイム:ライフ 最終章 「終らないロスタイムで掴んだ栄光!ひきこもり青年の起こした奇跡」

餅をのどにつまらせて死んでしまう、引きこもりの謙太郎(大泉洋)。

ロス:タイム:ライフ 第9話(最終回) 命の時間

内容自宅の部屋で、引きこもっている男・三浦謙太郎ある日の朝、妹・亜矢に差し入れられた食事、磯辺巻き。そのモチをのどにつめて、窒息死。ロスタイムの掲示板には『12』どうも理解が出来ない状態で、いつもどおりの生活をし、都市伝説の1つと言うことだけが判明。そ...

ロス:タイム:ライフ  第九話「終らないロスタイムで掴んだ栄光!ひきこもり青年の起こした奇跡!!」

9節は「ひここもり編」 31歳になる三浦謙太郎(大泉洋)は、実家の自分の部屋に 引き篭もって生活していた。その日も、母、智恵子(田島令子) が用意をして、妹の亜矢(小出早織)が謙太郎の部屋の前に 置いた朝ご飯の磯辺焼きを、寝転んで食べてて喉を詰まらせ、 のた...

ロス:タイム:ライフ 第9節 引きこもり編

「誰かが言った。人生に、無駄なプレイなどあっただろうか」 お餅が大好きなひきこも…もとい、ハウスキーパーというか自宅警備員の三浦くん。 ある日、そのお餅をのどに詰まらせて窒息死… が、部屋のそこかしこから突然現れる審判団! その中には何故か尾元さ...

【ドラマ感想】 ロス:タイム:ライフ第九節 大泉洋 「ひきこ...

人生に無駄なプレイなどあるのだろうか最終回……ではありませんが、ラストを飾るにふさわしい、ロスタイムにどう生きるか、生きるべきか。そんなことを問いかけた内容だったんじゃないかと思います。前半のダラダラダラダラ……陽気なイメージの大泉さんがマダオ(まるで...

『ロス:タイム:ライフ』第9節(大泉洋さん)

「最終章~終らないロスタイムで掴んだ栄光!ひきこもり青年の起こした奇跡!!」 最終章と言いながら、ロスタイムが決定してるので。

「ロス:タイム:ライフ」第九節

実家の自分の部屋にひきこもって生活している三浦謙太郎。 彼に残されたロスタイムは12時間・・・と思われたのですが(笑)。 第九節『最終章~終らないロスタイムで掴んだ栄光!ひきこもり青年の起こした奇跡!!』

ロス:タイム:ライフ 第9話

楽しみにしていた大泉さんの回! なのに…眠気に勝てず…最初の方は白目むきながら見てました(涙 このドラマ、何回か見逃していたのですが けっこうバラエティに富んだルールが色々出てきてたんでしょうか? 今回はロスタイムの単位が“年”という… 確かに引き篭もっ...

ロスタイムライフ9 ロスタイム死神都市伝説!

本日の主人公が大泉洋と言う時点で、何となくゆる系ストーリと思ってたが、出て来ていきなり死ぬのも大泉らしい・・・しかも餅を喉に詰めての窒息死とは!! って 主審がぬっくん?! 審判団はあの世の人じゃなかったのか?ぬっくんまだ生きてるはずだけど。 それで...

ロス・タイム・ライフ 九話

真木よう子編を見逃してしまいました。ここのところSP番組が 目白押しで、忘れてましたよ。 今回は大泉洋さん 引きこもりでもちを喉に詰まらせて死んでしまうというお間抜けな最後。 ところがロスタイムは12時間もあって、どうするんだろう? と思ったらそのまま...

・沖縄テレビ「ロス:ライフ:タイム」(第9話)

2008年4月5日(土)23時10分から、沖縄テレビで、「ロス:ライフ:タイム」(第9話(第9節)「最終章~終らないロスタイムで掴んだ栄光!ひきこもり青年の起こした奇跡」)が、放送されました。 ロス:タイム:ライフ◇死ぬ間際に、謎の審判団に人生のロスタ...

ロス:タイム:ライフ~第9話・ひきこもり編、大泉洋

ロス:タイム:ライフですが、ひきこもりの三浦(大泉洋)が冒頭から餅を喉に詰まらせて死んでしまいます。今回は主審が尾元(温水洋一)ですが、いきなり現れたサッカーの審判団に三浦は「出てって下さい」と冷静に追い払います。(以下に続きます)

ロス:タイム:ライフ#9

第1話は「68FILMS」の「ロス:タイム:ライフ」の長編化という内容だったが、次第に壊れてきて、余りにも冗長度の高い物語が多くなり、中には本作の基本設定を無視して助かってしまうという、何が何だか分からない駄作まで生まれて、ネタ不足だということを露呈したが、最...

「ロス:タイム:ライフ」第九回(最終回?)

 さて、今回の選手は三浦謙太郎(大泉洋)、31歳、引きこもり歴12年、 死因はもちを喉に詰まらせたことによる窒息死。 室内であるため、窓や押入れから審判団がやって来ましたョ~  で、審判団の中に尾元さん(温水洋一)発見・・・ これはどういうこと? さっそ...

ロス:タイム;ライフ 第9節

『ひきこもり編』 三浦謙太郎(大泉洋)は31歳にして実家の自分の部屋にひきこもって 生活している。 その日も妹・亜矢(小出早織)が、母・智恵子(田島令子)が用意した 朝ご飯の磯辺巻きを運んできて、部屋のドアの外に置いていった。 謙太郎はすばやく皿を室内...

ロス:タイム:ライフ 【第9話 (最終節)】 大泉洋 「ひきこもり編」

ロス:タイム:ライフ (フジテレビ系)  毎週土曜日 23:10~23:55放送 ドラマ「ロス:タイム:ライフ」第9節・大泉洋 「ひきこもり編」を見ました。 脚本・鈴木智尋脚本、演出・筧昌也。 ■ロス:タイム:ライフ 「第9話」 あらすじ ・最終章~終らないロ?...

真木よう子合併号w(SPSP+ロス:タイム:ライフ#8・9)

合併号であって増刊号ではない(爆)人生の無駄を清算する生涯最後の一時、それがロス:タイム:ライフ。“ぬっくん”温水洋一が、「恋から」の1%の選ばれし男・草柳明@北村一輝の如く毎回出てくるドラマ(爆)第1節「カメラマン編」:瑛太 第2節「刑事編」:小山慶?...

ロス:タイム:ライフ 最終章:終らないロスタイムで掴んだ栄光!ひきこもり青年の起こした奇跡

せっかく立ち直ったのに(Tωヾ ) シキュシキュ・・・ でも、今回のが1番好きかも~{/ee_2/}今までで、1番有意義なロスタイムだったというか あの出来事が無ければ、謙太郎は引き篭もりから抜け出せなかったかもしんない{/ase/} 餅を喉に詰まらせてというのが情けなかった?...

「ロス:タイム:ライフ」(第9節:「最終章~終らないロスタイムで掴んだ栄光!」)

4月5日に放送された「ロス:タイム:ライフ」は、大泉 洋が主役の三浦謙太郎を演じる「ヒキコモリ編」である。鉄火丼は、謙太郎に与えられたロスタイムが史上最長の12[?]であるとわかった瞬間…?

《ロス:タイム:ライフ》最終章

三浦謙太郎31歳。ロスタイム。波乱の幕開けです。 人生の無駄を清算する生涯最後のひと時。 それがロスタイムライフ

ロス:タイム:ライフ 最終回 

まだまだ延長戦がある模様ですが、最後のゲストは大泉洋。「ひきこもり」編… ある意味で密室劇。どのようにアレンジするのかな?と思ってたら、アッという間に審判団がやってくる展開になり、なぜか先頭にたってるのが、ぬっくん 今度は、まさかの電光掲示板が「…...

『ロス:タイム:ライフ』 第9話 ひきこもり編

天然パーマが生かされてイイ感じのニート・大泉洋さん(^▽^;)三浦謙太郎は、あの日から部屋にひきこもり…朝ご飯に磯辺焼きなのも少し違和感ありましたが、大好きなお餅を詰まらせ窒息死とは。そしてロスタイムを示す電光掲示板が「12」なのも違和感(笑)審判団が突き飛ば?...

ロスタイムライフ第9節見ました

12時間というだけでもこれまでに例のない長さなのに,それだけ経ってもまだ死なない,12日経ってもまだ死なない… って,なんか落語のようなお話ですけど, 最後は切ない終わり方でした。

ロス:タイム:ライフ (大泉洋さん)

◆大泉洋さん(のつもり) 大泉洋さんは、毎週土曜よる11時10分フジテレビ系列にて放送されている土曜ドラマ『ロス:タイム:ライフ』の第9節に三浦謙太郎 役で出演しました。 先週はその第9節「ひきこもり編」が放送されました。...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.