edit

MAZE [メイズ]/恩田陸(著) 読了

MAZE [メイズ]/恩田陸(著)時間がけっこうあったので今日読み始めて、読み終わりました。

内容は書かないほうがいいと思うのであまり書きませんが、
とりあえずゾクゾクっとしましたね。
けど、終わり方はスッキリしたのかスッキリしてないのか少々わかんない感じですね^^;
どちらかと言えばスッキリしてない感じが強いですね。
だからと言って終わり方に不満があると言えば、そうじゃないんですよね。

面白かったです。
250ページほどなんですが、そんな風には感じられなかったなぁ。


内容を少し書いてしまったので、これから読もうと思う方はこれから下は読まないで下さい。
前半までのゾクゾク感。
特に「タートル」で「豆腐」内部を捜索したときは鳥肌が立ちましたね。
人の足が見えたときはゾクゾクゾクッ!
ってきましたね^^;
それから、「豆腐」を上部から見てキャンピング・カーに帰ったら無数の足跡。
とりあえず落ち着いてたので、かなりビックリしましたね。

声と無数の手にもビックリしました。
原因を聞いて、うぉい(;´Д`)ノ って思いましたけどねw


前半の推理がもっともらしい推理だったための
後半のえっ?どうなんの?的な不安というか未知な感じ。
恵弥の嘘がやっぱり嘘なんじゃないか?と疑ってました。
だから、扉を開けて光の中に入り見たもの。
あの後は消えてしまうのかと思いましたね。


「豆腐」について完全に信じてたので、あの結末にはそりゃもう驚きましたね。
そりゃ、何か秘密はあると思いましたけど、全く違う秘密だったもんでねぇ。


いやぁ、面白かった。
ただまぁ、セリムはどうなったのかなぁ。と。
満が想像してた状態であればいいんですが。
スコットは最後に姿を現してくれそうだと思ったんですけどね。
少し残念。


何となくなんですけど、雰囲気と言うか匂いって表現はあってるかわからないけど、匂いが「上と外」を思い出させたんですよね。
前半の謎解きまでのことですけど。
何となくなんで自分でも何とも言えませんが^^;
「上と外」が読み始めてしばらくしてからポッと浮かんだんですよね。
まぁ、何となくなんであまり気にしないで下さい。


この作品の終わり方から関連作品である「クレオパトラの夢」の内容が全然想像出来ない。
わざわざ同じ登場人物を起用した意味がわからないんですよね。
別の新しい人物を創ってもよかったと思うんですよ。
いやまぁ、出来上がってる人物を使うほうが簡単?だと思うんですけどね。
恵弥ってクセが強いと思うので。
それをあえて同じ恵弥を使う。
そこに何かあるのかなぁ?って思いました。
恵弥は好きなキャラではありますけどね^^;
まぁ、それ以上にクセの強い人物に引っ張りまわされる人物の方が好きですけど^^;

だからまぁ、読むのが楽しみです。
今度買ってきて読みたいと思います。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お疲れ様です。
確かに、どうもあやふやな部分があるのは、納得できます。現実的なのか、夢なのか。。。。みたいな。
恩田陸さんはクセのある人を書くがうまいですからね。
「クレオパトラの夢」は一味違った感じです。推理されつつ、推理する。みたいな・・・。分かりにくいですねwww
では、また楽しみにしてます。

ナナさんへ

あまりクセが強すぎるとその人が嫌いになっちゃうんですが、
絶妙なんで好きなんですよねぇ♪

終始夢心地な感はありましたよねぇ。
けどまぁ、現実なんだという感じで。
不思議な感じでした。

「クレオパトラの夢」は今ゆっくり読み始めてます。
あまり期待せずにまた読みに来てください^^

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.