edit

歌姫 第10回 感想

『一世一代の感動的なプロポーズ』
ごめんなさい。
懐中時計取ろうとして落ちたシーン。
あまりにコントちっくで笑ってしまったw

で、しばらく事の重大さに気付くのが遅れてしまいました。

太郎が見つかった時、土佐清水での記憶がなくなり記憶が戻ってしまうんじゃないかと思ったわけで。
そうなったわけで。。。

何なんよ。
この展開。
こんなんイヤじゃ。。。(´;ω;`)


松はかたぎになった。
傷だらけで鈴にそのことを伝えに来た松に感動。
カッコよかった。


鈴の部屋に乗り込むまでの太郎の苦悩が面白かった。
行ってキスしようとしたら鈴が話をそらして、タロタロリンリンリンに。
で、もう一度ちゃんと話をしようとしたら勝男さん登場。
うやむやに。

松の命をかけた告白で太郎が動き出す。
脚本を書いて告白すればいい。
とジェームス。
2人で芝居してるところ面白かったw
ジェームスのモジモジしてるの変すぎ・゚・(ノ∀`)σ・゚・。


赤ちゃんが出来たメリー。
しかし、ロシアは東京に帰ってしまった。
捨てられたメリーは死のうとした。
しかし、太郎が止める。
赤ちゃんは土佐清水のみんなで守ればいい。

その直後に太郎の転落。
一度は捨てようとした懐中時計を取ろうとして。
やっぱり捨てられないですよね。。。


鈴と鯖子さんがソーセージ?でいいのかな?
を取り合ってるときに鯖子さんこけて鈴笑ってましたが、、、
相武さんあれマジで笑ってない?w
そんな気がしたんですが^^;


一番星で太郎の心を照らしたい。
んなロマンチックなこと。。。
鈴・子供ver(子供verって何じゃって突っ込みはなしでw)あんなに小さいのにどっからそんなステキな言葉が出てくるんだろう?^^;
謎だw


次回、最終回。
見送られる太郎。
戻りたいと本人が言ったという美和子。
一生懸命看病をする鈴。
映画館で働かせてほしいという松。

。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

鈴と太郎にとっていい終わり方であってほしい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆四万十太郎・小泉旭(二役)…長瀬智也

☆岸田鈴…相武紗季
☆クロワッサンの松…佐藤隆太
☆神宮寺くん(後のジェームス)…大倉忠義

☆小日向泉…大河内奈々子   ☆ゲルマン…飯島ぼぼぼ
☆メリー…遠山景織子       ☆芥川…秋山竜次
☆小日向晋吉…西村清孝    ☆ロシア…丸山麗

☆愚連隊A…越村友一    ☆愚連隊B…澤田誠志
☆タバコ屋のチン毛さん…比佐一成
☆漁師のパンティくん…明樂哲典
☆松中…小野了

☆及川美和子…小池栄子
☆山之内の親分…古谷一行(特別出演)
☆清川さくら…ジュディオング(特別出演)
☆鯖子…斉藤由貴
☆岸田勝男…高田純次
☆岸田浜子…風吹ジュン

公式HP

第1回感想 | 第2回感想 | 第3回感想 | 第4回感想 | 第5回感想
第6回感想 | 第7回感想 | 第8回感想 | 第9回感想

トラックバック

TB*URL

歌姫:第10話

「自分は・・・」 海に落ちて、再び記憶を失くす。 そんな。。。なんという悲しい幕引き。 太郎が鈴に対して思いを伝えることもなく、記憶を失くしてしまうとは辛いすぎる結末だ。。・゚・(ノД`)ウワーン 一方、クロワッサンのバカ正直な情熱は絵になってきた。 ...

歌姫~第10話・プロポーズ!

歌姫ですが、鈴(相武紗季)は太郎(長瀬智也)に娘がいることを知りますが誰にも言いません。美和子(小池栄子)は身を引くことに決めて東京に戻りますが、クロワッサンの松(佐藤隆太)が引き止めようとします。(以下に続きます)

歌姫 第10話 「一世一代の感動的なプロポーズ」

美和子(小池栄子)と太郎(長瀬智也)の間にはさくらという娘がいることを聞いてしまう鈴(相武紗季)。

歌姫 第10話 告白のシナリオ

内容太郎と鈴のことを知って、クロワッサンに、自分の夫は及川だと言い残し、美和子は東京へ帰ってしまった。しかし、どうしてもあきらめきれないクロワッサンは、再び鈴に告白しようとするが。鈴からキッパリと『極道とは関わりたくない』と宣言される。そこでクロワッサ...

歌姫(第10話)

結構面白いドラマだと思うんだけどなーー。。 不調続きのTBSドラマの例に挙げられて、 なんだか可哀想です・・・。 某日曜日のドラマとかと、一緒にしないで欲しい・・・(爆) 鈴に「愚連隊やヤクザなんて大嫌い」と言われて、 足を洗う決意をしたクロワッサンの松(佐?...

歌姫 第10話「一世一代の感動的なプロポーズ」

太郎(長瀬智也)と鈴(相武紗季)が互いを思い合って いる様子を見た美和子(小池栄子)は東京に帰る決心を 固める。美和子を引き留める松(佐藤隆太)に向かって、 自分の夫は「及川勇一」であって「四万十太郎」では ないと言い切る。太郎はどこか心が痛みながらも...

歌姫10 貴方は鈴派?美和子派?太郎は旭派!

最近何やら面白いのが、 太郎 (長瀬智也) をめぐって 鈴 (相武紗季)派 と美和子 (小池栄子)派 に分かれつつある現象です。 『もともと太郎は美和子と結婚して子供までいるのだから、太郎は速やかに美和子の元に帰るべし!』 と言うのが美和子派の言い分。 対して?...

『歌姫』第10話「一世一代の感動的なプロポーズ」メモ

ここんとこ、ずっと鈴ちゃんのせつなさだけの回が続いてるけどさ。

《歌姫》#10

太郎の記憶は少しずつ戻ってきた。美和子が山之内と話しているのを聞いてしまった鈴。太郎にはさくらという子どもが居た!一晩中、考え込んでいた。

歌姫 第10話:一世一代の感動的なプロポー

うそぉ~!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!? 太郎ちゃん、又記憶が無くなっちゃった{/eq_1/} てか、あの口調は太郎ちゃんというより、勇一っぽかったぞー{/face_gaan/} 鈴にプロポーズする気満々だった太郎ちゃんなのに、そんな事さえも すっかり忘れちゃってるのかなぁ{/na...

・琉球放送「歌姫」第10話

2007年12月14日(金)22時から、RBC琉球放送(笑)で、「歌姫」第10話(「一世一代の感動的なプロポーズ」)が、放送されました。 今日は、沖縄で視聴してます ◇太郎(長瀬智也)と鈴(相武紗季)が互いを思い合っている様子を見た美和子(小池栄子)は東京?...

「歌姫」第十回

 メリーさんのぶぁかぁ~~!! 何であんな崖っぷちにいるのよ~! てか、太郎も夜中にそんなとこ出かけるな~!!  。・゚((T◇T゚)゚・。 そ、それでは振り返ってみましょう・・・ 東京に帰る決心をした美和子(小池栄子)は中村で松(佐藤隆太)と出会う。 ?...

歌姫

□金曜22:00~ □公式HP □脚本・・・サタケミキオ □主題歌「青春(SEISYuN)」TOKIO □出演 長瀬智也、相武紗季、佐藤隆太、大倉忠義、大河内奈々子ほか

「歌姫」10話

それにしても 崖から落ちるなんて~~~ あ~ 記憶が~~~~ 鈴ちゃんどうするんだろう

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad