edit

ハタチの恋人 第7回 感想

『もしかして娘?』
なんて言いますか。。。
人騙しといて他人のせいにすな!
風ちゃんものせたのは悪いよ。
面白がって調子乗って、調子乗せて。
それでも、自分でストップさせればよかったんですよ。
それなのに、森山リュウの名前をもうしばらく貸してほしいだとか。
言うチャンスは自分で潰してましたよ。


しっかし、あの「最期」って打ち間違いじゃね?w
あんだけ老眼激しかったらありえるでしょ^^;


ホテルなら火がでりゃ、水出るでしょ^^;
アホやん。

風ちゃんにちょっとだけ同情w
パソコンおじゃんは辛いよねぇ^^;


ユリの母がエリということで、圭祐が語った恋愛3部作の第3部。
誰にも語ったことのない最終章。
さゆりさんと婚約し、結婚式前夜の話。
エリとの再会。
そして。。。

それがいつの話なんでしょうか?
約20年、21年前だったら、そりゃ可能性は大でしょうね。
自分の娘だっていうことの。

父親に似た人に恋をするなんていうことを聞いた事がありますが。
父親そのものなら恋してもおかしくないっていうか。
似てるんじゃなくてそのものなんだし。
母親が愛した男性でもありますからね。
ユリが圭祐に恋をしたのはわからなくもない。


どうなることやら?


てか、風ちゃん恋桜以外ヒット作ないのかよw
恋桜の続編確実に書けるんじゃない?
現在のことと、恋愛3部作の語られなかった最終章。
あれだけ乗り気だったのに渋ってたのは何でだろう?
圭祐のことが心配でそれどころじゃなかったのかなぁ?
来週そのことで再び美樹さんに迫られますが、どう答えるのかな?


次回、圭祐とエリが再会。
ほんとのとこどうなんでしょうね?
ユリは圭祐の娘なのか?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆井上圭祐…明石家さんま
☆沢田ユリ…長澤まさみ

☆河村由紀夫…塚本高史   ☆井上小百合…森下愛子
☆中島…キムラ緑子      ☆コンビニ店員…恵俊彰
☆井上理沙…黒瀬真奈美   ☆井上勇介…渡邉等士
☆INF東京社員…福井博章  ☆竹内美樹…蒲生麻由

☆ユリの母…小泉今日子
☆鈴木風太(森山リュウ)…市村正親

公式HP

第1回感想 | 第2回感想 | 第3回感想 | 第4回感想 | 第5回感想
第6回感想

トラックバック

TB*URL

ハタチの恋人 第7話 「もしかして娘?」

森山リュウ(市村正親)が自分ではないことがユリ(長澤まさみ)にバレてしまう圭祐(明石家さんま)。思い切り軽蔑されてしまうのでした。

ハタチの恋人 第7話 あやまちの代償

内容ついに、森山リュウではないことがユリにバレてしまった、井上圭祐。ユリは、『軽蔑します』と言い残し立ち去る。圭祐は、謝罪しようにも、全く連絡が取れなくなってしまった。有給休暇をとり、東京に出てきた圭祐は、由紀夫に相談し、恋桜のモデルの話をする。その事...

「ハタチの恋人」第7話嘘がばれて弁解しても許してくれへん先に圭佑が思い詰めた行動は・・・

「ハタチの恋人」第7話は嘘がばれた圭佑が誤解を解こうとユリに会おうとするが、拒絶されてしまい自暴自棄になって・・・のシーンがメインだった。

『ハタチの恋人』 第7回「もしかして娘?」メモ

底なし沼の底はいつ見えるのでしょうか?

《ハタチの恋人》★07

圭祐が、森山リュウではないことがユリにわかった。 自己嫌悪に陥った圭祐。結局生まれて初めての有給をとって、東京へ出てきた。

涙の河を越えてすべてを忘れたい(ハタチの恋人#7)

『ハタチの恋人』中島さん@キムラ緑子と恋人と思わせといてただの編集担当・竹内美樹@蒲生麻由と由紀夫ちゃん@塚本高史と“風ちゃん”ことペンネーム:森山リュウ@市村正親が大集合しちゃって、さぁたいへん!!!の続き(爆)犯人はお前だ!(違お前のやったことは全...

『ハタチの恋人』 第7話

とうとうバレました!「森山リュウの幼馴染みです。…騙すつもりはなかった…」言い訳も長いです。「あなたのこと軽蔑します!」と部屋を出行くユリ。まずは騙されてたことが一番腹が立つんでしょうけど…作家と青汁売るオヤジでは、中身が同じでもエライ違いですもんね~...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad