edit

不適切にもほどがある! #06

『昔話しちゃダメですか?』
9年後に死ぬ。
それをどうしたらいいのか。
過去に戻ることを避けていた。
そんな中でテレビに出演することが決まる。

このままでは良くないと渚が過去に戻るきっかけを与える。

市郎がバスに乗ることができたのは認証のテストに市郎の顔を使っていたから。
未来では亡くなっているから問題ないけど、過去に行くのなら話は別だろうに。
問題が起こってしまったわけですしね。

そして、純子と再会。
純子の前ではごまかしているが、サカエの前では本音を吐き出す。
決まっている未来を変えることはできないのか。
自分はまだいい。
でも、純子だけでも。

市郎は純子を未来に連れていく。
出演する番組を見学してもらったり、渚は母との時間を楽しむ。

本当にどうしようもないのだろうか。
会えなかった人に会えたのだから、プラスなんだという考え方は良いけど。

小川市郎:阿部サダヲ
犬島渚:仲里依紗
秋津睦実(ムッチ先輩)/秋津真彦:磯村勇斗
小川純子:河合優実
向坂キヨシ:坂元愛登
井上昌和:三宅弘城
マスター(1986年):袴田吉彦
安森:中島歩
栗田一也:山本耕史
犬島ゆずる:古田新太
向坂サカエ:吉田羊

トラックバック

TB*URL

不適切にもほどがある! (第6話・2024/3/1) 感想

TBS系・金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』 公式リンク:Website、X(旧Twitter)、Instagram、TicTok 第6話『昔話しちゃダメですか?』の感想。 テレビ局でカウンセラーを続けている市郎(阿部サダヲ)のもとに、渚(仲里依紗)が同期の羽村(ファーストサマーウイカ)を連れてやってきた。憧れの大物脚本家・江面(池田成志)とドラマを作ることになったが、そ...

不適切にもほどがある! 第6話

テレビ局でカウンセラーを続けている市郎(阿部サダヲ)の元に、渚(仲里依紗)が同期の羽村(ファーストサマーウイカ)を連れてやって来ます。 憧れの大物脚本家・江面(池田成志)とドラマを作ることになった羽村ですが、その打ち合わせでの出来事に悩んでいると言います。 そんな羽村と共に市郎は、江面との打ち合わせに同席することになります。 一方、純子(河合優実)は、なかなか家に帰って来ない市郎のこと...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.