edit

さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~ #07

『77歳の夢ライブ』
小村の誕生日に行われるコンサート。
直前に倒れてしまうが、病院に場所を移して行われた。

俊平に憧れていた交響楽団からオファーが来ていることを鏑木が伝える。
けれど、夢の舞台に立つことより、今いる場所を大切にすることを選んだ。

天音が父親についてきた理由。
母はよくできた姉のことしか見ていない。
そんな2人から無視されるよりも、父親1人から無視される方がマシだったから。
事実として無視してきたわけだから、白石は強く言い返せなくなっていましたね。
それでも音楽を続けることは許さなかった。

天音は涙を流しながらヴァイオリンを返す。
その時になって俊平は響が天音に教えていたことを知る。

天音の姿に何も言えなかったことを後悔する。
その響が俊平の姿で動くことにしたようですが、上手くいくのかな。

俊平の母校からオファーが届いていた。
けれど、引き受けるのをためらう。
それもそのはず、家出して音楽の道を歩んできたから。
長い間、実家に戻っていない。

そんな俊平が小村に背中を押してもらって実家に戻ることを選ぶ。
何が待っているのかな。

夏目俊平:西島秀俊
夏目響:芦田愛菜
森大輝:宮沢氷魚
倉科瑠李:新木優子
谷崎天音:當真あみ
羽野蓮:佐藤緋美
内村菜々:久間田琳加
夏目海:大西利空
夏目志帆:石田ゆり子
白石一生:淵上泰史
近藤益夫:津田寛治
鏑木晃一:満島真之介
古谷悟史:玉山鉄二
小村二朗:西田敏行

トラックバック

TB*URL

さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~ (第7話・2024/2/25) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』 公式リンク:Website、X(旧Twitter)、Instagram 第7話『77歳の夢ライブ』の感想。 晴見フィル解散まで1カ月。市民ホールを追い出された一同が各自‘できる活動’を探る中、小村(西田敏行)が人生初のリーダーライブを開催すると宣言。一方、俊平(西島秀俊)は元マネジャーの鏑木(満島真之介...

さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~ 第7話

あおぞらホールが閉館になってしまいます。 練習場所を失い、コンサートの予定もなく、残り1ヵ月となった晴見フィルですが、やれることがなくなってしまい、団員もバラバラになってしまいます。 小村(西田敏行)に相談しますが、自分の喜寿を記念した人生初のライブを控えていて、それどころではない様子です。 小村はクラリネットの練習に励んでいましたが、予期せぬ事態が起きてしまって・・・ 一方、天音(...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.