edit

シャングリラ・フロンティア ~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~ #20

『それぞれの今と次』
サイガ-0はサンラクとお近づきになれたと喜ぶ。
サンラクたちはただただビビっていただけなのにね。
勘違いとはいえ幸せそうなのは良いことかな。

サンラクの帰りを待っていたエムルは泣きながら喜んだ。
最初の頃のようにHPがギリギリで駆け込んでいたら死んでいたのだろうか。

じっくり眠ったサンラクを待っていたヴァッシュはウェザエモンの最期を聞き届ける。
そして、頃合いかと世界の真実を語ろうとする。
ただし、集めるものを集めた後で。

その後は戦利品の確認。
ウェザエモンに関する書物と彼が使っていた剣術を手に入れるためのアイテム。
さらに無限のインベントリエリア。
その中にはウェザエモンの所有物が残されていた。

一方でシャンフロの開発会社は大慌てだった。
中盤から終盤にかけて倒される予定であったウェザエモンが最初に討伐されてしまったため。
継久理が作り上げたゲーム世界。
それをゲームとして成立させた天地。
そんな2人の調整役をさせられている木兎夜。
どういう世界を彼女らは作っているのだろう。

サンラク/陽務楽郎:内田雄馬
サイガ-0/斎賀玲:和氣あず未
アーサー・ペンシルゴン/天音永遠:日笠陽子
オイカッツォ/魚臣慧:小市眞琴
エムル:日高里菜
ヴァイスアッシュ:大塚明夫
サイガ-100:花守ゆみり
Animalia:千本木彩花
オルスロット:山下誠一郎
ビィラック:富田美憂
ピーツ:松田颯水
エルク:安野希世乃
継久理創世:小清水亜美
天地律:名塚佳織
木兎夜枝境:野島健児
遠き日のセツナ:瀬戸麻沙美
墓守のウェザエモン:速水奨

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.