edit

春になったら #06

『娘へのサプライズ!父が下した決断』
瞳が倒れてしまう。
これだけ色々と考えることがあったら、体が悲鳴を上げるのは仕方がないですよね。

そんな瞳の姿に雅彦は一馬との時間を用意する。
退院祝いのパーティーに一馬たちも誘う。
婚約を解消しても付き合っているのだから。

そして、一馬はネタを再び考え始めていた。
お笑い芸人に戻るということではなく、瞳を笑顔にするために。
結局は戻る道を選びそうですが。

雅彦は職場で自分の病気のことを話す。
さらに、瞳のことで治療を今から始めるのはどうなのかを聞いてみたり。
瞳の姿に雅彦の気持ちが揺らぎ始めましたね。

椎名瞳:奈緒
椎名雅彦:木梨憲武
岸圭吾:深澤辰哉
大里美奈子:見上愛
黒沢健:西垣匠
斉藤愛里:影山優佳
中井義広:矢柴俊博
阿波野弘:光石研
森野舞衣:橋本マナミ
神尾まき:筒井真理子
杉村節子:小林聡美
川上一馬:濱田岳

トラックバック

TB*URL

春になったら (第6話・2024/2/19) 感想

関西テレビ制作・フジテレビ系・新 月10ドラマ『春になったら』 公式リンク:Website、X(旧Twitter)、Instagram 第6話『娘へのサプライズ!父が下した決断』の感想。 瞳(奈緒)が一馬(濱田岳)と結婚しないと宣言したことにショックを受ける一馬だが、瞳の胸中を察して了承する。雅彦(木梨憲武)は一度は受け入れた死を前に、やはり瞳と別れるのは寂しいと阿波野(光...

春になったら 第6話

自分たち父娘のせいで一馬(濱田岳)が芸人を辞め、それに反発した龍之介(石塚陸翔)が家出する事態に責任を感じた瞳(奈緒)は、一馬との結婚を辞める決意をします。 一馬はショックを受けますが、瞳の胸中を察して了承します。 同じ頃、人生ノートを書き終えた雅彦(木梨憲武)は、一度は受け入れたはずの死を前に、やはり瞳と別れるのは寂しいと阿波野(光石研)にこぼします。 一方で、日に日に具合が悪化して...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.