edit

ゴブリンスレイヤーII #10

『都邑の冒険(シティ・アドベンチャー)』
王都に入った一党。
男性陣は食事へ。
女性陣は温泉施設で休養。
剣の乙女はゴブリンスレイヤーとの時間を作ろうとしていましたが、
鉱人道士が間に入ったことで我慢することに。

そんな中で起こったのは女神官の服が奪われるということだった。
ゴブリンスレイヤーに初めて褒められた鎖帷子も奪われる。
奪ったのは冒険者に憧れる王妹。
世間知らずにもほどがある。
人のものを奪うという考えにいたることは世間知らずという話を軽く飛び越えていますが。
そもそも自分の立場を全く理解していませんね。

そして、ゴブリンに襲われて連れ去られる。
自業自得すぎる。
国王も頭を抱えていましたね。
けれど、甘やかした結果だろうとも思う。

ゴブリン退治を剣の乙女に依頼しようとするが、彼女の恐怖心は消えていない。
そこにゴブリンスレイヤーたちが駆けつける。

道中で襲ってきたゴブリンたちが関係しているのだろうと思うけど、
何が待ち受けているのかな。

ゴブリンスレイヤー:梅原裕一郎
女神官:小倉唯
妖精弓手:東山奈央
牛飼娘:井口裕香
受付嬢:内田真礼
鉱人道士:中村悠一
蜥蜴僧侶:杉田智和
魔女:日笠陽子
槍使い:松岡禎丞
少年魔術師:伊瀬茉莉也
剣の乙女:遠藤綾

トラックバック

TB*URL

ゴブリンスレイヤーII BS11(12/09)#10

第10話 都邑の冒険(シティ・アドベンチャー) 王妹は外の世界に憧れていた。毎日、王宮暮らしは飽きていた。冒険者なら外に出られると考えていた。兄の国王が戻ったところで、その夜に結構する予定。剣の乙女、大司教を都の神殿に送り届けたゴブリンスレイヤー。今夜は神殿の施設に泊めてもらう。本を読みたいと言うが、食事が先。女神官は行きたいところがあるので妖精弓手が付き合う。ゴブリンスレイヤーは悩んでいた...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.