edit

フェルマーの料理 #07

『璧を、トラウマを、神を超えろ』
数学を諦めることになった存在。
数学における本物の天才。
彼に料理を振る舞う。

トラウマで倒れてしまうが、仲間たちが岳を支える。
けれど、料理は完成しなかった。
何かが足りない。
その想いが常にあった。
その想いを言葉にできないまま岳は妥協することを選ぶ。
そして、最後まで解けないまま当日になる。

そこで最後の謎は解ける。
食べもしない相手が興味を引く見た目が必要だった。
一番惹かれるものが。

これまで料理の見た目に触れられていなかったのは、こういう展開があったからなのか。

海の秘密。
味覚とかそういう話ではなかったのか。
命に関わる問題のようですね。
しかも、裸の男は医者なのか。
彼も優秀ということなのかな。

変わった人ばかりですね。

追いかけていた背中は見えなくなる。
広瀬に対するトラウマを克服した岳は孤高に近づいていく。

そして、そんな岳を残して海は海外へ。
2週間だけ。
けれど、それが海を見た最後になる。

北田岳:高橋文哉
朝倉海:志尊淳
赤松蘭菜:小芝風花
乾孫六:板垣李光人
魚見亜由:白石聖
布袋勝也:細田善彦
武蔵神楽:久保田紗友
王明剣:朝井大智
ダビド・サロ・ペーニャ:フェルナンデス直行
黒崎麗子:井頭愛海
アネット・バルトリ:八木アリサ
鳥越円:木田佳介
ジャン・ジョルダン:ジュア
西門景勝:及川光博
福田寧々:宮澤エマ
広瀬一太郎:細田佳央太
北田勲:宇梶剛士
淡島優作:高橋光臣
渋谷克洋:仲村トオル

トラックバック

TB*URL

フェルマーの料理 (第7話・2023/12/1) 感想

TBS系・金曜ドラマ『フェルマーの料理』 公式リンク:Website、X(旧Twitter)、Instagram、TicTok 第7話『完璧を、トラウマを、神を超えろ』の感想。 なお、原作の漫画・小林有吾「フェルマーの料理」は、未読。 超高級ホテルで行われるパーティーのコース料理のコンペに勝った岳(高橋文哉)は、「K」を代表してフルコースをまとめ上げることになったが、パーテ...

フェルマーの料理 第7話

超高級ホテルで行われるパーティーのコース料理のコンペに勝った岳(高橋文哉)は、レストランKを代表してフルコースをまとめ上げることになります。 しかし、このパーティーは数学界で権威ある賞の受賞パーティーです。 かつて数学オリンピックで圧倒的な才能を見せつけられ、トラウマ的存在である広瀬(細田佳央太)が、この賞の受賞者であることを知り、岳はとてつもないプレッシャーを感じていました。 パーテ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.