edit

Yuming Films vol.2

バイバイ、ベアー ~青いエアメイル
またしても、ホロッときてしまいました(´;ω;`)b


幼い頃から転校を繰り返していた少女・奈那子。
イジメや無視に遭い友達が出来なかった。
しかし、新しく転校した高校で出来た親友・里香。
里香は高校で1人ぼっちだった。
だから似ているものを感じて2人は仲良くなった。

しかし、再び奈那子の転校が決まり2人の関係がぎくしゃくしだした。
里香は別のグループの子と一緒にいるようになった。

そして、里香の誕生日にプレゼントしたお揃いの熊のぬいぐるみ。
グループの女の子に言われるがまま傷つけてしまった。

奈那子は今までと結局は一緒だ。
そう思い、学校でも家でもしゃべらなくなった。

それから、奈那子はしゃべれなくなった。

登校最後の日。
帰りのバスで里香と会った。
里香の目には涙がたまっていた。
しかし、奈那子は目を合わそうとしなかった。
これでもう里香と会うことはなくなる。

その夜奈那子は不思議な夢を見た。

目が覚め制服を取り出した奈那子。
制服のポケットには切り刻まれゴミ箱に捨てられたはずの奈那子のベアーが。
里香が縫い合わせ制服のポケットにいれていた。

ベアーはメッセージを持っていた。

淋しかったんだ。
ゴメンね。

奈那子はベアーを抱きしめ涙を流した。


お揃いのベアーを切らなくちゃいけない状況の時の里香の気持ちを考えるとすっごい辛かった。
ぐぅ~っと胸を掴まれたみたいだった。

女性同士のことはよくわからないのですが、
何で2人でいたらレズになんの?
3人グループの子が言ってましたけど。
結局は羨ましいんでしょ?
あの2人みたいに本当に仲のいい友達がいないから。

奈那子がしゃべれなくなったとわかったときの先生の反応。
あれすっごいムカつく。
何であんな騒ぐ。
奈那子がよけい辛くなるだろうが。


奈那子の夢。
最後の里香の表情。
ドアを開けて外に出て行く。
あの最後がイヤ~な想像してしまったのですが。
自分のせいだと背負い込んでしまって自殺してしまうんじゃないかと。

最後に会ったバスのとき奈那子はポケットの中のベアーに気付いてなかったわけですけど。。。

そういう風に感じたものを拭える最後にしてほしかった気もします。
2人がもう一度会ってほしかった。

けど、最後のシーンは曲とあいまってすごくよかったです。


来週も楽しみです♪

Yuming Films | Yuming Films(Yahoo!動画)

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.