edit

女神の教室~リーガル青春白書~ #02

『損害賠償1千万!?タトゥー入浴拒否を巡る激論バトル!』
水沢の事情。
自分の友人のためにも弱い立場の人に寄り添える弁護士になりたい。

にしても、水沢の銭湯はなおのことリバイスがチラつくなぁ。

ロースクールというものの性質を考えると誰もがのんきな人生ではないよなぁ。
それぞれに事情はありますよね。

真中が前のめりなのは雫が元教え子で守宮の指示だから。
それなら近道になるはずだと。
ボロが出た時にどうなるのだろう。

照井はなんで全て100か0で考えようとするのかな。
次回はそんな照井に少しスポットが当たるのだろうか。

天野は父親から退学するように言われたりしたわけですが、
続けることを選んだようですね。
そんな彼女の好きな食べ物が冷凍みかんである理由は唯一自分で決めたことだったから。
父親の考えとは違う道を選んだのは大きいでしょうね。

雫の授業で前を向いている学生たち。
ただし、責任は持てるのかと藍井には言われているわけで。
どういう結果になるのかな。

柊木雫:北川景子
藍井仁:山田裕貴
照井雪乃:南沙良
真中信太郎:高橋文哉
桐矢純平:前田旺志郎
水沢拓磨:前田拳太郎
天野向日葵:河村花
安藤麻理恵:佐藤仁美
横溝太一:宮野真守
里崎健一郎:小堺一機
風見颯:尾上松也
守宮清正:及川光博

トラックバック

TB*URL

女神の教室~リーガル青春白書~ (第2話・2023/1/16) 感想

フジテレビ系・月9女神の教室~リーガル青春白書~』 公式リンク:Website、twitter、Instagram 第2話『タトゥー入浴拒否を巡る激論バトル!!』の感想。 柊木(北川景子)は実務演習で、タトゥーを理由に銭湯に入店を拒否された男性Xの事案を挙げる。店主に押されて転倒し、1千万円を請求したいXに、弁護士としてどう応じるかの問いに対し、雪乃(南沙良)と真中(高橋文哉)は...

女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~ 第2話

青南ロースクール卒業後も司法試験合格を目指していた田辺浩(田村健太郎)が病院に運ばれました。 雫(北川景子)は、桐矢(前田旺志郎)から田辺が藍井(山田裕貴)からひどいことを言われていたと聞いて、彼に事情を聴きます。 藍井は「受かる見込みのない学生に夢を与えても人生を台無しにするだけだ」と告げられて、水沢(前田拳太郎)、向日葵(河村花)、桐矢たちも二の舞になると言われた雫は反論しますが・・...

女神の教室~リーガル青春白書~ 第2話「タトゥー入浴拒否を巡る激論バトル!!」

未来の法曹界を担う若者たちが通うロースクール(法科大学院)を舞台に、裁判官で実務家教員の主人公と彼女を取り巻く人々が自身の価値観をぶつけ合いながら法曹界のあり方を問うリーガル&ロースクールエンターテインメント。北川演じる柊木が「人を知らなければいい法律家にはなれない」をモットーに、ロースクールで“法”だけでなく“人”を学ぶ授業を展開。“司法試験合格”という目先のゴールばかりにとらわれるロース...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.