edit

PICU 小児集中治療室 #09

『最終章!武四郎、母と東京へ…お医者さんなら治してよ』
東京の病院へ。
けれど、結果は変わらない。
それは志子田も南もわかっていたことだった。
それでもと志子田は別の病院に向かおうとするが、南はそこから親子の旅行に切り替えた。

夜には南が治療を拒む理由を語る。
旦那さんが若くして亡くなったことにあった。

そこからは南の望む形で生活を続けるが、1週間後に亡くなった。
そんなに急な話になるとは。

お葬式を終えると志子田は翌日から仕事に。
無理をしているのがわかりきっているわけですが、周りはどうすることも出来ない。
そんな中で父親に自分の状態を隠していた少女が運ばれてくる。
彼女の心を志子田が開くことになり、周りは成長を感じていた。
けれど、何も出来ず函館に戻った少年のお見舞いをした少女の言葉に志子田の心は折れる。

退職願を残して姿を消す。

植野の進退のこともあるわけですが、最終回でそれぞれどういう決断をするのかな。

志子田武四郎:吉沢亮
植野元:安田顕
綿貫りさ:木村文乃
矢野悠太:高杉真宙
羽生仁子:高梨臨
河本舞:菅野莉央
涌井桃子:生田絵梨花
東上宗介:中尾明慶
鮫島立希:菊地凛子
鈴木修:松尾諭
浮田彰:正名僕蔵
今成良平:甲本雅裕
山田透:イッセー尾形
志子田南:大竹しのぶ

トラックバック

TB*URL

PICU 小児集中治療室 第9話「最終章!武四郎、母と東京へ…お医者さんなら治してよ」

「監察医 朝顔」(同系)のスタッフがおくるオリジナル作品。北海道を舞台に、駆け出しの小児科医が先輩医師と共に、どんな子どもでも受け入れることのできるPICU(小児専門の集中治療室)を作るため、そして医療用ジェット機の運用実現のために奔走するメディカル・ヒューマンドラマ。今回は、ついにラス前回。しこちゃん先生。武四郎(吉沢亮)は、母・南(大竹しのぶ)を東京の病院に連れて行き、検査を受けさせるも...

PICU -小児集中治療室- 第9話

武四郎(吉沢亮)は、膵臓がんの治療を拒否している母・南(大竹しのぶ)に「俺が諦められる時間をください。母ちゃんと離れる覚悟ができるための時間を」と言って頭を下げ、東京の病院で検査を受けることの同意をしてもらいます。 武四郎と南が向かったのは、植野(安田顕)から紹介してもらった東京中央記念病院の腫瘍内科医・原口(平原テツ)のもとでした。 そこでいくつかの検査を受けて、武四郎が検査結果を聞き...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.