edit

PICU 小児集中治療室 #02

『火傷を負った幼い姉弟に何が?正しい判断とは…?』
火傷で運ばれてきた姉弟。
弟のためにご飯を作ってあげようとして起こったことだった。
いいお姉ちゃんなんだけども、さすがに油、それも揚げ物をするのは早すぎるよ。

弟は油が服にかかって燃え広がったことで植野たちで処置を行っていたわけですが、
志子田が任されたお姉ちゃんも軽傷というわけではなかった。
腕の火傷ではなく喉が熱でやられていた。

喉のことや、事の顛末をお姉ちゃんから聞かせてもらえたりした志子田。
けれど、良かったのはそこまでだった。
志子田の勝手な判断で真実を話した。
元のようには発声することは出来ない。
その判断で彼女は死のうとした。

本人が望んでいたし、志子田がバレバレすぎたわけですけども。
それでも今ではなかったでしょうね。
母親に怒られた後には彼女が志子田を心配したりも。
自分のせいで、と。

落ち込む中で声をかけたのは鮫島だった。
相手が知事だと最後まで気付かなかったわけですけどもね。
志子田は小児科医を目指した理由を話す。
恵まれていたというわけではない。
けれど、子供の頃すごく楽しかった。
病気や怪我で苦しむことなく、楽しい時間が増えるように、と。

けれど、病院の外の現状としては相変わらず。
知事の動き方があって周りは協力してくれない。
これがどのタイミングで変わっていくのかな。

一方で病院内では助っ人として入ってくれていた今成が正式にチームに参加することに。
麻酔科医が入ってくれるのはかなり大きいでしょうね。

そして、矢野に限界が。

志子田武四郎:吉沢亮
植野元:安田顕
綿貫りさ:木村文乃
矢野悠太:高杉真宙
羽生仁子:高梨臨
河本舞:菅野莉央
涌井桃子:生田絵梨花
東上宗介:中尾明慶
鮫島立希:菊地凛子
鈴木修:松尾諭
浮田彰:正名僕蔵
今成良平:甲本雅裕
山田透:イッセー尾形
志子田南:大竹しのぶ

トラックバック

TB*URL

PICU 小児集中治療室 第2話「火傷を負った幼い姉弟に何が?正しい判断とは…?」

なんか、中島みゆきが主題歌を唄うドラマといえば、「Dr.コトー診療所」を連想してしまうのは私だけでしょうか?でも、ある意味、難しい条件、という意味では共通してますよね。解決のめどすら立たない、深刻な人手不足問題に直面するのですから…北海道を舞台に、駆け出しの小児科医が先輩医師と共に、どんな子どもでも受け入れることのできるPICU(小児専門の集中治療室)を作るため、そして医療用ジェット機の運用...

PICU 小児集中治療室 (第2話・2022/10/17) 感想

フジテレビ系・月9『PICU 小児集中治療室』 公式リンク:Website、twitter、Instagram 第2話『火傷を負った幼い姉弟…「正しい判断」とは?』の感想。 PICUに重度のやけどを負った6歳の理玖(中村羽叶)が搬送される。武四郎(吉沢亮)は植野(安田顕)から、母親の京子(紺野まひる)と9歳の姉・莉子(田中乃愛)の付き添いを指示された。そんな中、武四郎は莉子の異変...

PICU -小児集中治療室- 第2話

武四郎(吉沢亮)は、深刻な人材不足に悩むPICUの力になろうと、休日を返上して出勤します。 しかし、同僚医師・綿貫(木村文乃)や看護師・羽生(高梨臨)から「一人にカウントできるとは思えない」「ギリギリ半人前かどうか」などと冷たくあしらわれてしまいます。 同じ頃、植野(安田顕)は、PICU推進のための意見交換会で、北海道内の医師たちに協力を呼び掛けていました。 しかし、会に参加した医師・...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.