edit

仮面ライダーギーツ #06

『邂逅V:逆転のブースト』
小金屋の正体は違法カジノのディーラーだった。
海外に逃げていたらしい。
小金屋によってデュオが変更になる。
カードの凹凸で狙ったものを引き、道長とのデュオに。

不憫な景和に英寿はブーストを返すことに。
けれど、小金井はそれさえも盗んで道長に渡す。
ブーストを取り戻すために勝負をすることになるが景和は負けてしまう。
あれは負けではないだろう、と思うんですけどね。
景和が先に取っていたわけだから。
審判が不在だと何でもありだな。

過去のギーツは英寿で違いなかったようですけど、道長の親友を殺したのは英寿ではなく別の参加者。
そのことを道長もわかっていたのにライダーであるという理由だけで憎んでるのな。
近くにいたのに助けようとしなかった、というのはあるだろうけども。

道長の願いとしてはデザイアグランプリを終わらせることに近いけど、
あくまでもライダーを消すことに絞っているようで。
そのくくりだと自分も消されることにならないのかな、と思うところですが。

最後のミッションが始まる。
しかし、その直前で行われていたことがあった。
道長はくじを引き直し、景和とのデュオに戻っていた。
というわけで、道長と景和のデュオが勝ち残りとなり小金屋は脱落する。

参加者である小金屋がそのことを知らないのは、そうなるように道長が動いていたからわかるけど、
パンクジャックもわかっていなかった感じなのはどういうことなのかね。
それとも道長の作戦に付き合うように指示されていたのだろうか。

次回は今期の最終戦となるボスジャマトを相手にした缶蹴り。

浮世英寿/仮面ライダーギーツ:簡秀吉
桜井景和/仮面ライダータイクーン:佐藤瑠雅
鞍馬祢音/仮面ライダーナーゴ:星乃夢奈
吾妻道長/仮面ライダーバッファ:杢代和人
ツムリ:青島心
桜井沙羅:志田音々
ギロリ:忍成修吾

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.