edit

競争の番人 #11 最終回

『最終回!ダイロク最後のチーム戦』
ダイロクを離れた小勝負は四国に。

小勝負は懐かしい味を楽しもうとスーパーを回る。
けれど、その中で気付いた街の様子。
そして、たどり着いたあるスーパーの値段に疑問を感じる。

それを調べていると万引きを疑われてお店の裏に連れて行かれてしまう。
そのタイミングで起こったのが立てこもり事件だった。
近所のケーキ屋の店主だった男性によるもの。
彼はこのスーパーのせいで父親から継いだお店を閉めるしかなくなった。

というわけで、人質であった店長とともに不正を探る。
店長は社長を尊敬して指示に従っていただけ。
真実は隠されていたが彼も疑問に感じる部分はあった。
その真実を小勝負が明らかにする。
けれど、証拠がない。
そのために小勝負は人質としてカメラの前に。
それを見たダイロクに動いてもらうために。

狙い通りとなって無事に不正が暴かれたみたいですね。

前回が最終回でいいんじゃ?と思っていましたが、面白い話だったので良かった。

小勝負勉:坂口健太郎
白熊楓:杏
桃園千代子:小池栄子
風見慎一:大倉孝二
六角洸介:加藤清史郎
藤堂清正:小日向文世
大森徹也:黒羽麻璃央
緑川瑛子:大西礼芳
紺野守里:石川萌香
本庄聡子:寺島しのぶ

トラックバック

TB*URL

競争の番人 「最終回!ダイロク最後のチーム戦」

新川帆立の同名小説が原作の痛快エンタメミステリー。しかし、伝説の月9「東京ラブストーリー」も、ラス前の、大変に重要回。舞台が愛媛でしたが、今回は最終回がそうとは!四国支所へと異動させられた、小勝負(坂口健太郎)が、激安スーパーにお買い物に行ってる途中、何故か、立てこもり事件に巻き込まれて… その様子が生中継され、公正取引委員会第六審査(通称ダイロク)の面々が、ハラハラしつつも、サポートするあ...

競争の番人 (第11話/最終回・2022/9/19) 感想

フジテレビ系・月9『競争の番人』 公式リンク:Website、twitter、Instagram 第11話/最終回『最終回! ダイロク最後のチーム戦!』の感想。 公正取引委員会四国支所に異動になった小勝負(坂口健太郎)は、スーパーで思いがけない事件に巻き込まれてしまう。そんなこととはつゆ知らず、東京のダイロクの面々は大量のダンボールに囲まれ、いつものようにブツ読み作業に追われてい...

競争の番人 最終話

小勝負(坂口健太郎)たちダイロクメンバーは、藤堂(小日向文世)を頂点とする談合疑惑を解明しました。 しかし、強引な調査が問題になった小勝負は、四国支所に異動になってしまいます。 故郷でもある四国に戻った小勝負は、父のお墓参りに行き、藤堂の件を報告していました。 その足で懐かしいご当地のみかんパンを買うために商店街に行きますが、閉店した店が多く・・・ そのため、大手スーパー「エースマー...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.