edit

セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記

2021年公開作品
仮面ライダーシリーズ50周年、スーパー戦隊シリーズ45作の記念作品
記念作品なので完全にお祭り作品ですね。
ベースとしてはセイバーの方になっていて、
禁書を守っていたアスモデウスがその封印を解いたことから始まる。

禁書とは仮面ライダーとスーパー戦隊の物語。
スーパー戦隊は全て統一されているのに対して仮面ライダーは様々だったのが、
どちらにもらしさがあるというか、どちらも良かったですね。

その2つに加えて生みの親である石ノ森章太郎を絡めて物語が進む。
アスモデウスは章太郎にヒーローを生み出さないようにしていたんですね。
けれど、飛羽真の想いに章太郎は動かされ物語は新たなページを生み出していく。

オリジナルキャストのゲスト出演はそれほど多くはなかったり。
電王のモモタロスたちは使い勝手がいいんだろうなぁ、と思ったりはしましたね。
後、デカマスターのドギーも。
ていうか、オーマジオウになんでお釈迦様の役を与えたのか。
非公認戦隊アキバレンジャーも登場していたのは驚きましたね。

アスモデウス1人に対しての総攻撃の物量が多すぎてさすがに笑ってしまった。
そういうところも含めてお祭りなのでしょうし、
こういう作品だろうとわかっていたこともあってそれなりに楽しめたかな。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.