edit

競争の番人 #04

『新たな敵、新章が始まる!強盗殺人犯が下請けいじめ!?』
楓が取り逃がした犯人が世界的企業の社長であることが明らかになる。
そんな会社で行われていたのは下請けいじめ。
調査を始めようとするが思うようにいかなかった。
楓が公正取引委員会に飛ばされたように何者かからの圧力がかかっていた。
それでも別の切り口で証拠を集める小勝負。
下請けの取りまとめ役がしてきたことを明らかにする。

自分の利益になることをしていて下請けを裏切っていたのか。
という雰囲気になっていたが、そうではなく自分の会社が犠牲になることで、
ほかを救っていた。
そんな彼のために周りが協力してくれることになり、証拠が無事に集まった。
が、検察からの圧力がかかる。

以前の事件も含めて、世界的企業とはいえ何でそこまでしてもらえるのかね。

小勝負勉:坂口健太郎
白熊楓:杏
桃園千代子:小池栄子
風見慎一:大倉孝二
六角洸介:加藤清史郎
藤堂清正:小日向文世
大森徹也:黒羽麻璃央
緑川瑛子:大西礼芳
紺野守里:石川萌香
本庄聡子:寺島しのぶ

トラックバック

TB*URL

競争の番人 第4話「新たな敵、新章が始まる!強盗殺人犯が下請けいじめ!?」「

原作は、新川帆立の同名小説の、痛快エンタメミステリー坂口健太郎と杏がダブル主演。モデル経験もある、小顔で長身。スタイル抜群の杏。あいかわらず、パンツスーツが似合いまくりっ!今回は、新たに世界的な電機メーカー「アレス電機」の優越的地位の濫用を調べることに。中心人物の柴野(岡田義徳)の顔を見て愕然。。殺人事件現場付近で白熊が取り逃がした男だったとは!しかも、下請け企業の社員達に尋ねてみるも、みん...

競争の番人 (第4話・2022/8/1) 感想

フジテレビ系・月9『競争の番人』 公式リンク:Website、twitter、Instagram 第4話『新たな敵、新章が始まる!強盗殺人犯が下請けいじめ!?』の感想。 世界的電機メーカーの下請けいじめが新案件として舞い込むが、白熊(杏)は中心人物の柴野(岡田義徳)の顔を見てがくぜん。殺人事件現場付近で白熊が取り逃がした男だった。しかし圧力からか警察は動かない。調査を始めたダイロ...

競争の番人 第4話

世界的な電機メーカー・アレス電機が取引先に対して優越的地位の乱用に当たる行為、いわゆる下請けいじめをしているとの情報提供があり、小勝負(坂口健太郎)や白熊(杏)たちのダイロクで調査することになります。 白熊は、アレス電機の役員・柴野(岡田義徳)が、強盗殺人事件の捜査中に現場付近から逃走し、取り逃がした男性だと気付きます。 柴野が重大事件に関わっている場合、公正取引委員会は調査できませんが...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.