edit

競争の番人 #01

『企業の不正を暴く、ニューヒーロー誕生!!』
期待はしていなかったけれど思っていたよりも微妙だったなぁ。
30分拡大して1つの話が終わらないのもダメだと思うし。
立場が弱いことを自分たちでも言っているくらいなのに、
何で話を引っ張るだけの強さがあると思えるのか。

本庄が新たに作った部署。
目的があってとのことですがわざわざ新設してまでしたいこととは何なのかな。
そこにいる小勝負も自ら公正取引委員会を選んだ。
その理由としては藤堂が関係しているようですね。
今回のことにも絡んでいるようですが。

そこに元刑事の楓がやってくることになる。
犯人を取り逃がしてしまったのは事実ですけど、それが理由ではなさそうですね。
あの犯人が何か鍵を握っているということなのでしょうけど、何者なのやら。

そんな今回はホテルが手を組んでウェディングの料金を値上げしている。
他にも色々とやらかしているみたいですね。

後手になってしまっているわけですけど、どうやり返すのかな。

小勝負勉:坂口健太郎
白熊楓:杏
桃園千代子:小池栄子
風見慎一:大倉孝二
六角洸介:加藤清史郎
藤堂清正:小日向文世
大森徹也:黒羽麻璃央
緑川瑛子:大西礼芳
紺野守里:石川萌香
本庄聡子:寺島しのぶ

トラックバック

TB*URL

競争の番人 (第1話/初回30分拡大・2022/7/11) 感想

フジテレビ系・月9『競争の番人』 公式リンク:Website、twitter、Instagram 第1話/初回30分拡大『企業の不正を暴く、ニューヒーロー誕生!!』の感想。 刑事の白熊(杏)は、犯人を目前で取り逃がしたことから公正取引委員会第六審査、通称ダイロクへと異動になる。そこは審査長の本庄(寺島しのぶ)が立ち上げたチーム。白熊の教育係に任じられた小勝負(坂口健太郎)は、優秀...

競争の番人 第1話

刑事・白熊楓(杏)は、犯人を目前で取り逃がしたことを問題視されて、公正取引委員会の第6審査(ダイロク)へ異動になります。 そこは、審査長・本庄聡子(寺島しのぶ)が立ち上げたチームで、主査・桃園千代子(小池栄子)、キャップ・風見慎一(大倉孝二)たちが検査に当たっていました。 メンバーたちの話によると、公取は立場が弱くて権限もないことを聞かされた白熊は・・・ 建設会社の談合疑惑を調査して、...

競争の番人 第1話「企業の不正を暴く、ニューヒーロー誕生!!」

新川帆立の同名小説が原作の痛快エンタメミステリー。“競争の番人”こと公正取引委員会を舞台に、ダブル主演を務める坂口健太郎と杏が、バディとなって企業の不正を暴いていく。坂口健太郎、演じる天才で理屈っぽいひねくれ者の小勝負勉と、杏、扮する実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓が、正反対の性格がゆえに対立しながらも、公取委の第六審査(通称・ダイロク)の職員として、談合やカルテルなど不正を働く企業...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.