edit

元彼の遺言状 #11 最終回

『麗子失踪編!無実の篠田、自由の身に…!最後の謎は僕が解く』
剣持が旅行に。
そのタイミングで様々な事件が舞い込んでくる。

どう考えても篠田の出版話は詐欺だろうと思っていましたが、
それで剣持は旅行という嘘をつくことになったんですね。
というわけで、篠田を騙した相手からお金を取り戻そうとして捕まっていたのな。

そのお金は紗英から借りていた。
300万円はダイヤモンドに代わり黒丑のプレゼントに。
詐欺師が太客だったことで捕まって連絡が取れなくなっていた。

一方で政治家の3億円事件。
お金の問題を明らかにするために秘書の3人が協力してなくなったように見せかけていたんですね。
息子も含めた3人が協力していたとは。

そして、津々井の娘のお相手。
鍵を部屋に残したまま出てしまって外から入ろうとして挟まって動けなくなっていた。
それを助けたことで娘からは感謝されたそうですけど、結婚のことはどうしたのでしょうね。

剣持麗子:綾瀬はるか
篠田敬太郎:大泉洋
森川栄治/森川富治:生田斗真
森川紗英:関水渚
原口朝陽:森カンナ:
森川雪乃:笛木優子
森川拓未:要潤
堂上圭:野間口徹
森川金治:佐戸井けん太
村山権太:笹野高史
森川真梨子:萬田久子
津々井君彦:浅野和之

トラックバック

TB*URL

元彼の遺言状 (第11話/最終回・2022/6/20) 感想

フジテレビ系・月9『元彼の遺言状』 公式リンク:Website、twitter、Instagram 第11話/最終回『麗子失踪編! 無実の篠田、自由の身に…! 最後の謎は僕が解く』の感想。 篠田(大泉洋)のミステリー小説が出版プロデューサーに評価され、書籍化が決定。そんな彼に、麗子(綾瀬はるか)が海外旅行に行くと電話で伝えた。麗子不在の事務所に、津々井(浅野和之)や黒丑(望月歩)...

元彼の遺言状 最終話

麗子(綾瀬はるか)の奮闘により、強盗殺人事件の冤罪が晴れた篠田(大泉洋)は、長年の夢だったミステリー作家としての一歩を踏み出します。 しかし、書いた小説を出版社に持ち込んでも、編集者から「古い」と言われて酷評されます。 ある日、出版社の玄関先で出会った編集者が篠田の原稿に興味を持ち、思わぬ形でデビューが決まりますが・・・ 一方、事務所に紗英(関水渚)が現れて「ある政治家の事務所から3億...

元彼の遺言状 最終回「麗子失踪編!無実の篠田、自由の身に…!最後の謎は僕が解く」

原作は、新川帆立による日本の小説。宝島社主催の「第19回『このミステリーがすごい!』大賞」の大賞を受賞。序盤、麗子(綾瀬はるか)が、海外予行との事で顔を出さなぁったのは、この頃、コロナ禍に合っちゃってたのでしょうか?後半は、しっかり登場。人気の主演女優のパワーを再確認。留守番してた時の「狐ダンス」が話題になり、ヨカッタですね。ただ、この原作。キャスティングで、この視聴率は、やや残念だった… ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.