edit

元彼の遺言状 #07

『同時多発事件!事件は全て事務所で解決!?正体は○○の中に…』
津々井の痴漢冤罪事件。
後妻業の女の相続問題。
大手食品会社に届いた脅迫。

完全に探偵だなぁ。

津々井の冤罪は彼が過去に担当した案件が発端だった。
津々井としては双方が納得できる形で終わらせたようですが、
企業側のその後の対応がずさんだったことを津々井は確認していなかった。
それを知った津々井は相手に謝罪しきちんと対応することを伝えた。

後妻業の女に関しては押しかけてきた感じで特に何かをしたわけでもなく終わった感じだったなぁ。

大手食品会社の社食。
休むことを許されないことを訴えるためのもの。
津々井が対応するとのことですけど、どう変わっていったんだろう。
彼女は責任を取らされたのかな?

篠田が本当は何者なのか。
それは言いたくなったら言えばいい。
ということで、剣持は詳しくは聞かなかった。
そんな剣持に対して事件が解決した後で伝える。
自分は殺人犯なのだと様々な名前の身分証を見せて。

剣持麗子:綾瀬はるか
篠田敬太郎:大泉洋
森川栄治/森川富治:生田斗真
森川紗英:関水渚
原口朝陽:森カンナ:
森川雪乃:笛木優子
森川拓未:要潤
堂上圭:野間口徹
森川金治:佐戸井けん太
村山権太:笹野高史
森川真梨子:萬田久子
津々井君彦:浅野和之

トラックバック

TB*URL

元彼の遺言状 第7話「同時多発事件!事件は全て事務所で解決!?正体は○○の中に…」

原作は、新川帆立の小説。宝島社主催の「第19回『このミステリーがすごい!』大賞」大賞を受賞作品。今回も、ヒロイン、麗子(綾瀬はるか)スーツ姿もバッチリ!で、御馳走、食べまくり!、健在、でしたね。しかし、篠田(大泉洋)、ぬか床から、何を取り出すのかと思ったら…日曜劇場じゃないけれど、ラスト。サプライズ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! でしたね。今回は、ある食品会社の、遺産トラブルと、脅迫事...

元彼の遺言状 (第7話・2022/5/23) 感想

フジテレビ系・月9『元彼の遺言状』 公式リンク:Website、twitter、Instagram 第7話『同時多発する不可解な事件…篠田がついに正体を明かす?』の感想。 痴漢容疑で拘束された津々井(浅野和之)が冤罪を訴え、麗子(綾瀬はるか)に弁護を依頼する。大手食品会社の案件を譲ると言われた麗子は勇んで先方に出向くが、相談内容は「社員食堂の毒入りシチューで死人が出る」という脅迫...

元彼の遺言状 第7話

麗子(綾瀬はるか)は、篠田(大泉洋)に何者なのかと尋ねますが、彼は「答えたくない」と返答します。 そして、麗子のところに元上司・津々井(浅野和之)から弁護の依頼が入ります。 とんでもないことに巻き込まれた津々井の代わりに大手食品会社・ヒグマ食品の案件を引き継ぐことになりました。 大はしゃぎの麗子の元に、黒丑(望月歩)が自分の太客・山谷典子(高田聖子)を連れてやって来ます。 典子の遺産...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.