edit

未来への10カウント #03

『コーチ助けて…女子部員の危機!!母の敵をKOせよ!?』
水野の家の問題。
実の父親は亡くなっていて再婚した相手だったんですね。
けれど、仕事で上手くいかないことを家庭でぶつけていたことで離婚。
その後も同じことが続き、水野は自分と母親を守るための力をつけようとした。

が、状況がひどくなったことで焦りが。
その中で桐沢が出来ることは限られていた。
非常勤だから、と。
けれど、坂巻に確認して出来る範囲で動けるように。

教えたことを間違った形で使わせない。
というわけで、不幸対決で審判として殴らせた。
相手が了承した上でのこととして。

そこで語られた桐沢の過去。
色々なことが重なってということではなく、
大きな波として不幸が起こっていたんですね。
それも幸せが長く続かない形で。

それでも歩み出せたのは出会いがあったから。

不幸話を聞いた折原が何故か楽しそうな感じだったなぁ。
自分なら話を聞いてあげます、と。

水野はしっかりとボクシングを楽しむために部活に戻ることを決めた。

桐沢祥吾:木村拓哉
折原葵:満島ひかり
甲斐誠一郎:安田顕
伊庭海斗:高橋海人
水野あかり:山田杏奈
西条桃介:村上虹郎
日比野雅也:馬場徹
坂巻勝夫:オラキオ
玉乃井竜也:坂東龍汰
友部陸:佐久本宝
西山愛:吉柳咲良
江戸川蓮:櫻井海音
天津大地:阿久津仁愛
森拓己:大朏岳優
間地真実:八嶋智人
芦屋珠江:市毛良枝
大野倫子:富田靖子
大場麻琴:内田有紀
猫林はじめ:生瀬勝久
芦屋賢三:柄本明

トラックバック

TB*URL

未来への10カウント (第3話・2022/4/28) 感想

テレビ朝日系・木曜ドラマ『未来への10カウント』 公式リンク:Website、Twitter、Instagram 第3話『コーチ助けて...女子部員の危機!! 母の敵をKOせよ!?』の感想。 あかり(山田杏奈)がけんかで勝てるボクシングを教えてほしいと発言。練習中にはスパーリングがしたいと訴え、桐沢(木村拓哉)が断ると退部を申し出て立ち去った。葵(満島ひかり)はあかりの母・響子(...

未来への10カウント 第3話

2か月後のインターハイ予選に出場して、強豪・京明高校を倒すという無謀な目標に向けて走り出した松葉台高校ボクシング部。 ここの非常勤講師となり、ボクシング部のコーチを続けることになった桐沢(木村拓哉)は指導に本腰を入れることに。 そんな桐沢に、唯一の女子部員・あかり(山田杏奈)がケンカで勝てるボクシングを教えてほしいと言って来ます。 時間がなかったので、後で話そうと言った桐沢は、あかりの...

未来への10カウント 第3話「コーチ助けて...女子部員の危機!! 母の敵をKOせよ!?」

キムタク主演の、福田靖とタッグな、痛快ドラマ。生きる希望を喪失した男・桐沢祥吾(木村)が、高校ボクシング部のコーチになったことで徐々に熱を取り戻し、再生していくさまを描く青春スポーツ・エンターテインメントドラマ。ある意味で、復活劇と学園モノの、いいとこどり?!でも、満島ひかりが出てるだけで、ぐっと魅力度アップに感じるには、私だけ?今回は、主演の、桐沢(木村拓哉)が教団に立ち、なかなかに鮮やか...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.