edit

元彼の遺言状 #03

『最強バディが新しい事件に!家族が消える家…?撲殺死体と灰の謎は』
村山の仕事を引き継ぐものの考え方は変わらずお金にならない仕事はしない。
とは言いつつも、なんだかんだでしてはいるみたいかな?
奈良漬の女性は剣持としては半ば脅されてるようなものですけど。
彼女の言っていたことは事実みたいだけど、どう証明したんだろうかね。

殺人事件の重要参考人。
剣持が来るまで喋らないと言っていた男性は嘘ばかりだった。
篠田はその話を信じたりもしたわけですが、
嘘はついていたものの殺人に関しては全く関係がなかったようですね。
庭を掘り返そうとしたことも黒丑はする必要のなかったことだったようで。

けれど、彼のしていたことは別の人物を焦らせることになった。
隣の人がしていたことだった。
二人も殺していたとは。
何でそんなことをしていて普通に生活が出来ていたのか。

紗英は二人と繋がりが残るんですね。
栄治の元カノのこともそうですけど記憶力がすごいな。
他の人もちょくちょく出てくるのだろうか?

剣持麗子:綾瀬はるか
篠田敬太郎:大泉洋
森川栄治/森川富治:生田斗真
森川紗英:関水渚
原口朝陽:森カンナ:
森川雪乃:笛木優子
森川拓未:要潤
堂上圭:野間口徹
森川金治:佐戸井けん太
村山権太:笹野高史
森川真梨子:萬田久子
津々井君彦:浅野和之

トラックバック

TB*URL

元彼の遺言状 第3話「最強バディが新しい事件に!家族が消える家…?撲殺死体と灰の謎は」

原作は、、新川帆立による日本の小説で、宝島社主催の「第19回『このミステリーがすごい!』大賞」の大賞を受賞作品。ドラマ化に当たり、かたり設定変更があった模様…意外にも、月9初主演となる綾瀬が、剛腕で、忖度なしの敏腕弁護士・剣持麗子に扮して弁護士役に初挑戦。大泉演じる、謎の男・篠田敬太郎と共謀して元彼の巨額の遺産を狙う、痛快リーガルミステリー。綾瀬はるか演じるヒロインは、優秀だが、手段を選ばな...

元彼の遺言状 (第3話・2022/4/25) 感想

フジテレビ系・月9『元彼の遺言状』 公式リンク:Website、twitter、Instagram 第3話『最強のバディが誕生!』の感想。 村山(笹野高史)の事務所を引き継ぎ、篠田(大泉洋)を雑用係にした麗子(綾瀬はるか)に、不動産業者・進藤(画大)が殺された事件で重要参考人となったホストの黒丑(望月歩)から依頼が入る。大手建設会社が商店街を潰し、商業施設を建てる再開発計画があり...

元彼の遺言状 第3話

麗子(綾瀬はるか)は弁護士・村山(笹野高史)から引き継いだ法律事務所の雑用係として、篠田(大泉洋)を住み込みで働かせます。 そんな中、武田信玄という源氏名で働く、ホスト・黒丑(望月歩)から、弁護依頼の電話が入ります。 不動産会社社長・進藤(画大)が殺害された事件で、黒丑は警察から任意同行を求められていると明かします。 黒丑は3カ月前から進藤に立ち退きを迫られていて、交渉しようと不動産会...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.