edit

DCU Deep Crime Unit ~手錠を持ったダイバー~ #06

『水族館で事件!恋人の死の裏側~バディが生きていた!』
亡くなった女性には北極海のプランクトンが。
北極海に関係する船を調べ始めるが黒江が再び調べたことで
北極海にはいないプランクトンもいたことがわかる。
その可能性がある場所は水族館だった。

それはDCUでなくても調べられたことなんじゃないの?と思わなくもなかった。

犯人は密輸がバレたことで殺したのな。
罪を償ってほしかったのにそれを拒まれた上に殺される。
そんなことをしておいて彼女のためとどの口が言えるのか。

もう一人の怪しい女性は成合と繋がっていた。
新名が引っかかった言葉は成合がよく口にしていた言葉だったんですね。
ただDCUが関わったことで彼女は切り捨てられることになるのかな?

当然だけど瀬能に接触してきた成合。
瀬能はどちらを信じるのかな。
その前に瀬能に話をしていたら少し違っていたでしょうにね。
今回の裏に関係していたことでもありますし。

新名正義:阿部寛
瀬能陽生:横浜流星
成合隆子:中村アン
清水健治:山崎育三郎
神田瑠璃:趣里
西野斗真:高橋光臣
森田七雄:岡崎体育
大友裕也:有輝
佐久間雄二:佃典彦
早川守:春風亭昇太
黒江真子:市川実日子

トラックバック

TB*URL

DCU Deep Crime Unit ~手錠を持ったダイバー~ (第6話・2022/2/27) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『DCU Deep Crime Unit ~手錠を持ったダイバー~』 公式リンク:Website、Twitter、Instagram 第6話『水族館で事件! 恋人の死の裏側?バディが生きていた!』の感想。 新名(阿部寛)が成合(吉川晃司)の存在に動揺する中、神奈川県警から身元不明の女性の変死事件について依頼が入った。被害者はオホーツク海の海水で溺死させられ...

DCU 第6話「水族館で事件!恋人の死の裏側~バディが生きていた!」

今回の日曜劇場は、自分にとって「分かりやすい」かな?基本的に、阿部ちゃんと、横浜流星の美しさを眺めてるだけで、満足するミーハーだし…(*^^*)新名(阿部寛)の妻が、市川実和子ってのも、ポイント高し。最近の名作には、必ず、この人の姿アリ、ですよね。(特に、今や髪ドラマの「アンナチュラル」での、ヒロインとのタッグが絶妙で、とても、好きでした)今回のゲストは、岡田浩暉と、加藤雅也。個人的には、加...

DCU~手錠を持ったダイバー~ 第6話

溺死した身元不明の女性の遺体が発見されました。 自殺が疑われましたが、遺体の肺の中からオホーツク海に生息するプランクトンが見つかります。 死後約1日しか経っていないことからも、自殺に見せかけた殺人事件として、潜水特殊捜査隊が捜査に乗り出すことに。 調べを進めるうちに、殺害現場が水族館であることがわかります。 さらに、被害者は魚サプライヤー・木見一郎(加藤雅也)の婚約者だと判明して、新...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.