edit

DCU Deep Crime Unit ~手錠を持ったダイバー~ #05

『隊長が大ピンチ!!親友が生きていた!衝撃の再会』
DCU設立に関わった政治家の息子が誘拐された。
色々と問題のある息子であったため極秘裏に解決を目指そうとするが、
マトリと公安が追いかけている犯人でもあったため衝突が起きることに。
その中で新名は犯人を捕まえるために協力を頼む。
捜査の実態を知らなかったのは瀬能だけだった。

というのも、事件に関わっていたのが瀬能の先輩であったから。
しかも、時計の修理を偽って盗聴器を仕掛けられていた。
そのことを知らなかったのは瀬能だけだったらしい。
タイミングが良すぎたとはいえ盗聴器が仕掛けられているという確信は持てるものだろうか?

その捜査の中で新名は西野に真実を話すことを選んだ。
そして、西野もまた新名を信じることを選んだ。
父親がテロリストとなれば瀬能は辞めなければならなくなる、と。

瀬能はどのようにして真実にたどり着くことになるのかな。
そんな瀬能が新名の後をつける。
そして、新名は成合を見つけることに。
すぐに行方はわからなくなったわけですが成合が動き始めるみたいですね。
瀬能はまんまと利用されることになるのだろうか。

新名正義:阿部寛
瀬能陽生:横浜流星
成合隆子:中村アン
清水健治:山崎育三郎
神田瑠璃:趣里
西野斗真:高橋光臣
森田七雄:岡崎体育
大友裕也:有輝
佐久間雄二:佃典彦
早川守:春風亭昇太
黒江真子:市川実日子

トラックバック

TB*URL

DCU Deep Crime Unit ~手錠を持ったダイバー~ (第5話・2022/2/20) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『DCU Deep Crime Unit ~手錠を持ったダイバー~』 公式リンク:Website、Twitter、Instagram 第5話『隊長が大ピンチ!! 親友が生きていた! 衝撃の再会』の感想。 国交省副大臣の長男・裕司(三浦りょう太)が海上で行方不明に。新名(阿部寛)らDCUは移動経路を予測し、乗っていたと思われるボートを発見するが、そこに彼の姿...

DCU 第5話「隊長が大ピンチ!!親友が生きていた!衝撃の再会」

なんと、新名(阿部寛)と共に、捜査のためサーフショップを訪ねた瀬能(横浜流星)は、オーナーが、高校の先輩・中林(藤井流星)で驚きます。かなり、色々な声はあるみたいですが、主人公の阿部ちゃん。その大きな身体と存在感の迫力でもって、この「手錠をもった、海の警察」のリーダーに、めちゃ・似合ってます。横浜流星、想像以上に、重要ポジションで奮闘。海洋スペクタル要素も満点。今回もまた、危機一髪を経て、ハ...

DCU~手錠を持ったダイバー~ 第5話

新名(阿部寛)が隊長復帰を果たす中、瀬能(横浜流星)は15年前の事件を再び調べ始めていました。 副隊長・西野(高橋光臣)も瀬能に協力してくれていますが、真実は新名しか知らないので・・・ そんな時、国土交通省副大臣の長男・木下裕司(三浦獠太)が海上で行方不明になり、潜水特殊捜査隊に捜索命令が出されます。 新名はこれまでの捜査方針を一蹴して新たな指示を出します。 すると、裕司のものと思わ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.