edit

仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション

2019年公開作品。
「仮面ライダーゼロワン」の劇場作品としては第1作目。
「仮面ライダージオウ」の劇場作品としては第3作目。
何者かによって歴史が変えられ世界はヒューマギアに支配されていた。

その影響を受けていなかった或人は出社したところをヒューマギアに制圧されてしまう。
そこをレジスタンスとして戦っていた不破たちに助けられることになる。
ただ、ゼロワンドライバーは奪われてしまうことに。
ゼアが打ち上げられていないから本来の力を発揮することが出来なかったということなのでしょうね。
その関係でバッタも全く別の場所から出てきたりね。

一方で歴史が変わったジオウの世界にも影響が出ていた。
彼らもヒューマギアに襲われ記憶を取り戻すことになる。
ウォズに助けられゼロワンの世界へ。

特別なことを何かしているわけではなく話としてはシンプルにジオウ本編と同じ形になっていましたね。
ただ、バイクのシーンだったり大規模な戦闘があったりで派手さがあって良かった。

それに加えて亡くなっていた其雄がサイクロンライザーで仮面ライダー1型に変身。
或人はフォースライザーで仮面ライダー001に。
どちらもプロトタイプ感があって無骨な姿が良かった。

アナザーゼロワンに変身したのは是之助の秘書であったウィル。
ヒューマギアへの対価はという考え自体は間違っていないように思いましたけどね。
或人のともにという想いを見ていたので。
そういった疑問を持つところを利用されてしまったのかな。

フィーニスが変身したアナザー1号は平成の始まりであるアナザークウガと同じで
特別な姿になっていましたね。
時代が進んだときに大変な中で作られたゼロワンという作品がより愛される作品になっていて
ほしいと感じたなぁ。

最後の或人を見つめるイズがとても可愛らしかった。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.