edit

サクガン #02

『GOOD DAY, GOOD BYE』
起動に手こずったものの無事に動き出した。
ガガンバーがやけに怪獣に詳しいことをおかしく感じてはいたがそれどころではない。
そして、ガガンバーの知る怪獣の動きとも明らかに違っていた。

怪獣は生きるためにケーブルによって大地と繋がっている必要がある。
それが切れれば朽ちてしまう。
けれど、大きく逃げるガガンバーたちに自らケーブルを切り離して追いかけてきた。
さらに近くのものに反応しているだけだということにも疑問が生まれる。
明らかに自分たちを見ている、とメメンプーは感じていた。

それならと動きを変える二人。
メメンプーのこれまでの知識によって怪獣を採掘現場に誘い出し倒す方法を考える。
崩落させた先は可燃性の鉱物が埋まる場所。
使えないままでいた花火を火種に怪獣をまとめて倒すことになる。

今回の騒動でコロニーを守ったのは確実に二人なわけですが、
責任を取らされることになったようですね。
どっちみちというところではあったでしょうけど。
そんなコロニーの情報を伝えるDJの声を聞いていた女性はどう関わってくることになるのかな?

そして、ガガンバーが用意していた機体にメメンプーはビッグトニーと名付け、
二人はコロニーの外へ。
夢見た場所を見つけるために。
地図が示す先へ。

ガガンバーは無理を言ってリンダのネックレスをもらいメメンプーへ。
そして、自分に何があっても冷静であり続けろと伝える。

しばらくは二人旅になるのだろうか?
言い合いが絶えないことになりそうな気がするけども大丈夫かな?

メメンプー:天希かのん
ガガンバー:東地宏樹
ザクレットゥ:花澤香菜
ユーリ:豊永利行
メローロ:細谷佳正
DJ K:神谷浩史
ムゥロ:和多田美咲
ボス:小山剛志
リンダ:津田美波
ルーファス:緑川光

トラックバック

TB*URL

そして、父娘は前に踏み出す【アニメ サクガン #2】

アニメ サクガン 第2話 GOOD DAY, GOOD BYE 良き友、良き日々 訪れた別れを受け入れて 父娘は前へ踏み出す

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.