edit

月刊少年サンデー ゲッサン 2021年 11月号

2021年10月12日発売のゲッサン

スクール×ツクール


もっと続いてほしかったので終わってしまって寂しいです。
まさか裏山にツリーハウスを作っていたとは。
しかも、車用のバッテリーを利用して電気まで使えるように。
彼女らが卒業するまで見つからないのか、在学中に見つかってしまうのか。
どうなのでしょうね。
先生がこれを見てどう反応するのか気になったなぁ。
そんなこんなでDIY部ではなく実験創作部として新しいスタートを始めることに。

てのひら創世記創世記


千絵が色々と悩み中ですね。
愛一郎とひー君のやりとりがよりそうさせてしまっているわけですが、
貴子から自分の気持ちとちゃんと向き合うべきだと言われてしまう。
自分の気持ちはまだあやふやなところがあるようですけども。
貴子の話を聞きに来たのに、自分が話を聞いてもらう側になり、
応援すると言った直後に逆に応援されたりも。
ただ、貴子の状態はあまりよろしくないようですね。

くノ一ツバキの胸の内


フキにいたずらするイタドリとウメ。
が、そんな二人が少し言い合いになりウメはイタドリの傷を変だと言ってしまう。
それはウメを助けた時についた傷だった。
謝るためにイタドリの好きなあけびをお土産にしようと苦手な高い場所に登るが、
下りようとした時に足を滑らせてしまう。
そこを再びイタドリに助けられることになる。
イタドリは傷が大きく残っていることを気にしておらず、
むしろ二人の大切な思い出として誇りに思っているみたいですね。
そして、ウメの方も本当のことを伝えて仲直り。
その後は二人でフキに謝りに行くがいたずらはやめられず怒られてしまうことに。

来月号で何か発表があるようですが「歩」に続いてのアニメ化が決まったということなのかな。

マチネとソワレ


誠が頑張ろうとしているから声をかけてくれるのでしょうけど、
最初の現場で良いところを引いたのでしょうね。
厳しいディレクターに実力のある人たち。
誠が観察の中で受け取ったものを素直に口に出したことも大きいでしょうね。
というわけで、どうすべきか一人で悩んでしまったのがトイレにこもっていた原因。
けれど、そんな誠に声をかけてくれた。
マイクを信用してもいいんじゃないか、と。
舞台とは違う声の抑揚を全て拾ってくれるマイクを。
感情の繊細さを声に乗せる。
その気付きによって誠の演技は全く別のものへと変わっていく。

からかい上手の高木さん


高木さんが可愛すぎるなぁ。
普段から持ち歩いていたわけではなく、真野ちゃんの姿を見たことがきっかけだったのがいいですね。
自分もしてあげたい、という気持ちが嬉しさになって表情に思わず出てしまっていたのがまたいい。
そして、罰ゲームは今後もボタンをつけさせて。
プロポーズに近い気がしないでもない。

MIX


西村による一発が出たものの、その後も投手戦は続き明青が駒を進めることになる。
西村に打たれた一球に対して投馬が感じたことは何だったんだろう。
その後はなんの問題もなく投げていたようですけど。
決勝の相手となる健丈は試合の途中で見るのをやめ練習を始めていた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゲッサン 2021年 11月号 [雑誌]
価格:630円(税込、送料無料) (2021/10/11時点)



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.