edit

IP~サイバー捜査班 #09 最終回

『街角ピアノ連続殺人!?京都が大爆発…命がけ涙の救出劇!!』
安洛にさせようとしていた本当の目的は警察内部の監視システムを作るためだった。
以前ならその考えに乗っていた。
けれど、安洛は事件解決後に断ることを選んだ。

これまでデータに頼ってきた中で連れ去られた古宮山のために使ったのは
自分が直に体験した記憶でしたね。
そして、古宮山は助けてもらった時に安洛の一人称を初めて聞くことに。
ちょっとした弱みを握られちゃってましたね。

事件に関しては想像通りすぎたので少し残念だったかなぁ。
ただ、この事件が起こした混乱は根が深いだろうし、その後どうなっていったんだろう。
平常通りに戻ったという感じではあったけど。

後半のテレビ欄のサブタイトルと話の内容があまり噛み合っていなかったのは何だったんだろう。

安洛一誠:佐々木蔵之介
古宮山絆:福原遥
多和田昭平:間宮祥太朗
川瀬七波:堀内敬子
岡林琢也:吉村界人
畑野陽葵:中川知香
夏海理香:高畑淳子
平塚栄太郎:杉本哲太

トラックバック

TB*URL

IP~サイバー捜査班 最終回「街角ピアノ連続殺人!? 京都が大爆発…命がけ涙の救出劇!!」

さすが最終回。内山理名、演じる警察庁キャリア・桐子香澄が一転、疑惑の女に? そして、ディープフェイク動画大量流出事件に秘められた、深き闇が明らかにまた、古宮山絆(福原遥)に、最大の危機。連れ去られ、小屋に閉じ込められてしまうハプニングまで。しかし、彼女が書き残したものをヒントに読み解き、決死の救出劇。父娘の絆が試される瞬間、安洛が絆にかけた言葉とは?いろいろな意味で、盛り沢山でした。明らかに...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.