edit

ヤングガンガン 2021年 No.18

2021年9月3日発売のヤングガンガン

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン


ゴブリンの巣にいたのは肥え太ったロードだった。
ゴブリンスレイヤーとしては相手がどうあれ、どんな規模であれ関係がない。
ただ、今は一党を組んでいる状態。
彼女の方は強行しようとするゴブリンスレイヤーの考えを良しとは思っていないわけで、
どうするんだろう。
そのまま突っ切るのだろうか?

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!


ユグドラは自分の知ることをツカサたちに語っていく。
この世界を守りたいという今の気持ちとともに。
獣人は彼女を作り出した人物の実験で生み出されたもの。
その廃棄場が現在のヤマトになったらしい。
そういった始まりで一つの国になり、その中で歪なルールが出来上がってしまったのは
なんとも言えないですね。
というわけで、ツカサたちは現在3つ選択肢がある状況。
ただ、時間に余裕はない。
フレアガルドがヤマト国境に集結を始めた。

ナイツ&マジック


戦いを終えたエドガーはすぐにエムリスのもとへ。
グスターボの奥の手を相手に時間を稼ぐために全てを盾として受け止める。
無事に撃破となったようですがエドガーは無事なのかな?

兄の嫁と暮らしています。


大志さん、妹の知らないところで何をしてるのか。
そんなことも言われていたなぁ、と思い出すことになったわけですが、
それは関係なく橘の気持ちは動き始めていた。
その気持ちはどうするんだろうなぁ。
別れのタイミングは近づいているわけですが。

MURCIELAGO-ムルシエラゴ-


襲われそうになった鳴海を助けたのは桃だった。
面影や名前に記憶があるようですが、
左腕も失った彼を助けようとして体が動き鳴海がそれを確認するどころではない状態に。
それをした女性のほうは頭を撃ち抜かれてもなんともない。
ひな子でようやく腕を折るような相手になるみたいですね。
おあいこでも許す許さないの話でもないと思いますけどね。
そもそもおあいこになってないし。



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.