edit

月が導く異世界道中 #03

『ヒューマンショック』
蜃を巴、黒蜘蛛を澪と名付けたマコト。
保護したエルダードワーフも亜空に住むこととなり大所帯となった。
オークとドワーフだけではなく二人の眷属も含まれていたためだった。

というわけで、亜人ばかりだったこともあり人間成分がほしくなり、
両親のことを調べるのも兼ねて人間の村を目指した。
が、最初に見つけた女性には逃げられ見つけた村からは追い払われることになる。

女神による嫌がらせももちろんあったが、マコト自身にも色々と問題があったためだった。
それをなんとかすることに時間を費やし、仮面で顔を隠すことでようやく村に入ることが出来た。
が、そこは色々ときな臭い部分が目立つ村だった。

というわけで、巴は尾行していた相手が気になるため荷物番を。
その間にマコトは澪と食事を。
そんな二人に女の子が声をかける。
彼女はどういう話をするんだったかな?

深澄真:花江夏樹
巴:佐倉綾音
澪:鬼頭明里
エマ:早見沙織
ベレン:辻親八
トア:久保ユリカ
リノン:二ノ宮愛子
女神:上田麗奈
月読命:前野智昭
ハザル:新祐樹
ルイザ:鎌倉有那
ラニーナ:北守さいか
パトリック=レンブラント:井上和彦
モリス:佐藤正治
ライム=ラテ:八代拓
アクア:Lynn
エリス:田中美海

トラックバック

TB*URL

月が導く異世界道中 BS日テレ(7/21)#03

第三夜 ヒューマンショック 黒蜘蛛からの攻撃で負傷した真。エマと蜃が治癒魔法で回復してくれた。そして傍らに居る黒髪美人が黒蜘蛛だった。真の知らぬ間に主従契約を結んでいた。そのお陰で人の姿で暮らせていた。エルダードワーフを助けたことになった。蜃は彼を貴重な古代種、エルダードワーフだと信じて助けた。それは亜空に住まわせて建築から武具まで色んな技術を利用するためだった。もちろん、自身の剣も注文する...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.