edit

着飾る恋には理由があって #10 最終回

『想い合うからこそ、未来へ…!』
駿の言葉がちゃんとくるみに届いてよかった。
その上で葉山の言葉もくるみの背中を押す。
憧れは変わらないから。

後で片想いではなかったと知ることにはなるわけですが、
くるみが区切りをつけるために想いを伝えたタイミングだったのは、
どちらであろうとも葉山は待っていたということなのかな。
ここのところ葉山の行動がズルいと感じる部分が多かったけども、
その一線を越えていなかったのはあくまでもくるみを応援したかったからなんでしょうかね。

それぞれの形で幸せを手にすることに。
駿は北海道行きをやめた。
が、より会うのが困難な道に進んでましたね。
でも、二人の想いは繋がる。
二人ならではの幸せの形に。

くるみの方の仕事はどうなったんでしょうね。
これまでの繋がりによってさらにそれが広がったわけですけど順調なのかな?

あまり好きじゃない部分ももちろんありましたけども、
期待はしていなかったので思っていたよりは楽しめたからよかったかな。

真柴くるみ:川口春奈
藤野駿:横浜流星
早乙女香子:夏川結衣
寺井陽人:丸山隆平
羽瀬彩夏:中村アン
松下宏太郎:飯尾和樹
茅野七海:山下美月
秋葉亮:高橋文哉
細貝雄一:赤ペン瀧川
桂木裕子:木本夕貴
葉山祥吾:向井理

トラックバック

TB*URL

着飾る恋には、理由があって 最終回

脚本を担当するのは、大ヒットドラマ「恋はつづくよどこまでも」などの金子ありさ。演出を「MIU404」「グランメゾン東京」などの塚原あゆ子が担当、と、人気も評価も高かった作品を手掛けたスタッフが集結し、盤石の体制。先日のラス前。ヒロインの発信したものが、盗作疑惑で、炎上したり、見守りイケメンな社長、葉山(向井理)の大石器があり、それを、心配して駆けつけた、駿(横浜流星)が目撃してしまったり… ...

着飾る恋には理由があって 最終話

くるみ(川口春奈)はSNSが炎上して以来、気持ちが途切れて、なかなか投稿できない日々が続いていました。 そんなくるみを見かねた葉山(向井理)は救いの言葉をかけるのでした。 一方、彩夏(中村アン)は、陽人(丸山隆平)からの突然のプロポーズに戸惑っていました。 そして、香子(夏川結衣)は、元夫・礼史(生瀬勝久)から「もう一度やり直したい」と言われて、それぞれが人生の選択に迷っていました。 ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.