edit

SSSS.DYNAZENON #12 最終回

『託されたものって、なに?』
最後の戦いも熱かったなぁ。
やっぱりナイト一人と全員が乗るのとでは違ったようですね。
そこにあるのは想いの強さなんでしょうね。

そして、シズムの方は怪獣優生思想の三人を取り込んでさらに力を手にしていた。
あくまでも怪獣とともにしかいられない三人。
シズムは何を想っていたんだろう。
戦いの中でシズムは最後まで想いを吐き出さなかった。

蓬がシズムと繋がることで攻撃を逸らし、そこからは怒涛の攻撃へ。

その繋がりがあったからなのか蓬とシズムは向き合うことになったのかな?

ガウマとの別れ。
会いたかった人には会えなかったけれどガウマに後悔はなかった。
蓬たちと出会うことが出来たから。

そんなガウマの傷とよく似た傷が蓬と夢芽に残る。
それは何を意味しているのでしょうね。
二人にとっては大切なものとなっていますが何かを繋ぐものとなるのかな。

蓬の告白の答えを夢芽は言わなかったようですが、その後の二人は付き合っているようで。
そうなるのにどういったやり取りがあったんだろうなぁ。

ゴルドバーンが運んだダイナレックス。
ナイトたちがいた空間は最後のも含めてそういうことなのだろうと思うけど、
そこでダイナレックスは色を取り戻していた。
ガウマの魂が宿っているということなのかな。

というわけで、次作ではグリッドマンとダイナゼノンが登場するようですね。
楽しみだなぁ。

ガウマ:濱野大輝
麻中蓬:榎木淳弥
南夢芽:若山詩音
山中暦:梅原裕一郎
飛鳥川ちせ:安済知佳
ジュウガ:神谷浩史
オニジャ:内田雄馬
ムジナ:諏訪彩花
シズム:内山昂輝
稲本さん:伊瀬茉莉也
鳴衣:田所あずさ
淡木:小笠原仁
なずみ:梶原岳人
らんか:土屋李央
金石:遠野ひかる
ナイト:鈴村健一
2代目:高橋花林

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.