edit

仮面ライダーセイバー #11

『乱れる雷、広がる暗雲。』
上條は真理を求める。
そのためにケントの父を斬り、闇の剣士になり変わった。
ジャオウドラゴンの力は強大で人間に扱えるかは、ってことでしたが、
上條は難なく使っていた感じですね。
負担は大きいのでしょうけど。

そして、六人の剣士が揃ったことで何かを始めようとしているみたいですね。
セイバーと剣斬の力が何かに作用することに。
残るは四人ですけどデザストはあのタイミングで尾上にちょっかいを出したのは良かったのかね?
メギドを倒さないと意味がなかったのに。

ただ、どっちみちリンタロウが倒れてしまったことで六人の剣士が、
ってのが無理になった気がしますし、剣士として未熟としてケントを斬ろうもしていたわけだから、
本の力があれば剣士が誰であれ変わりないのかな?

冷静さを失ってしまったケントを守るためにリンタロウが犠牲に。
そして、二人が目を離している間にソフィアは何者かに連れ去られる。
ただ、メイに鍵を渡してることで相手の目的は達成できない、という感じなのかな?
これまでは語り手にすぎなかったタッセルのところに動きがありそうな終わり方でしたが、
誰がやってきたのかな?

神山飛羽真/仮面ライダーセイバー:内藤秀一郎
新堂倫太郎/仮面ライダーブレイズ:山口貴也
須藤芽依:川津明日香
富加宮賢人/仮面ライダーエスパーダ:青木瞭
尾上亮/仮面ライダーバスター:生島勇輝
尾上そら:番家天嵩
緋道蓮/仮面ライダー剣斬:富樫慧士
大秦寺哲雄/ 仮面ライダースラッシュ:岡宏明
神代玲花:アンジェラ芽衣
ストリウス:古屋呂敏
レジエル:高野海琉
ズオス:才川コージ
タッセル:レ・ロマネスクTOBI
上條大地/ 仮面ライダーカリバー:平山浩行
ソフィア:知念里奈

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.