edit

七人の秘書 #05

『都知事の黒い秘密ファースト』
これまでより今回の始まり方の方が本編に繋がっていたり、
ちょっとした人助けにすぎない感じになっていてよかったかな。

借金もないのに風間が参加しているのは萬の役に立ちたいというだけ。
おかしいと言われ続けていた自分を否定せず、個性だと認めてくれたから。
後はずれた感覚をなんとかしたいとも。
ただ、そちらに関しては働いているうちに自分が嫌っていた人たちに
近づいてしまっていたことに気づく。

そんな中でお店に粟田口が。
萬はかつての秘書であり、収賄していた、と。
五月がいなくてよかった、ということは彼女も同じだったってことなのかな?

その粟田口と繋がりのあった都知事をなんとかしようとするわけですが、
望月の昔の繋がりが役に立つことに。

運転が荒いことで有名だったらしく、煽られた動画を上げることに。
ただ、対応を間違えなかったことで事なきを得ることになったようですね。
粟田口とは縁が切れる形で風間が対応したわけですが。
自分の欲だけではない部分もしっかりとあるから、ってことなんでしょうね。

粟田口としてはより疑う理由にしかならなかったでしょうけど、
どう動くのかな。

望月千代:木村文乃
照井七菜:広瀬アリス
長谷不二子:菜々緒
朴四朗:シム・ウンギョン
風間三和:大島優子
粟田口十三:岸部一徳
鰐淵五月:室井滋
萬敬太郎:江口洋介

トラックバック

TB*URL

七人の秘書 (第5話・2020/11/19) 感想

テレビ朝日系・木曜ドラマ『七人の秘書』(公式) 第5話『都知事の黒い秘密ファースト』の感想。 千代(木村文乃)は、幼い柊吾(山城琉飛)と妹の芽衣(浅田芭路)が東京都知事の勝子(萬田久子)の公用車に泥団子を投げつける場面に遭遇する。車には秘書の三和(大島優子)も同乗していた。柊吾らが暮らす児童養護施設は、勝子を旗振り役に新設される施設への転居が決まっていたが、住民の反対であっさり計画が...

七人の秘書 第5話 「都知事の黒い秘密ファースト」

明らかに、モデルが丸わかり、というか、そう目論んだ、パロディでしたね。(最近、女性政治家ものって、多いなぁ…)今回は、萬田久子が挑戦?!痛快モノほど、時代を映しますね。   (ストーリー)東都銀行の常務秘書・望月千代(木村文乃)は、幼い兄妹が東京都知事・南勝子(萬田久子)の乗った車に泥だんごを投げつけながら「僕たちの家を返せ!」と怒鳴っているところに出くわす。 それを制止し、2人を家まで送っ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.