edit

SUITS season 2/スーツ 2 #15 最終回

『最終回・絆』
まるで甲斐のように鈴木が追い詰めていく姿はよかった。
ただ、まだまだ鈴木は甲斐のもとで学ぶことがあるようですね。
最後は甲斐が逃げ道をなくす。

甲斐が幸村と決裂したことは作戦だったんですね。
合併によってお金の流れから上杉の不正を明らかにする。
秘密保持契約で守られてしまった真実を外部から明らかにしてもらう。
それは幸村も同じ考えであったようですが、甲斐は合併にあくまでも反対であったため、
その後の対応の違いについては違う感想に。
その辺りは元カノとのやり取りでそうなるように仕向けていたのかな?

ただ、従わなかったことで共同代表ではなくなる。
それでも看板から上杉の名前をようやく消せることに。

鈴木と聖澤の関係は正直白けた部分があったかなぁ。
そうなってほしいという想いはありましたけど、今ではないと思ってしまった。

終わったって感じがあまりしない最終回だったなぁ。
続けるつもりがあるからなんでしょうけどね。
通常の1クールよりも少し長くしてあったのに、とは思ったかなぁ。
1クールでしっかりとまとめることも出来たのではないかと思わないでもなかった。

甲斐正午:織田裕二
鈴木大輔:中島裕翔
聖澤真琴:新木優子
玉井伽耶子:中村アン
蟹江貢:小手伸也
上杉一志:吉田鋼太郎
幸村チカ:鈴木保奈美

トラックバック

TB*URL

SUITS 2/スーツ2 (第15話/最終回・2020/10/19) 感想

フジテレビ系・月9『SUITS/スーツ2』(公式) 第15話/最終回『最終回・絆』の感想。 甲斐(織田裕二)達が社員の井口(安達祐実)らと女性昇進差別の集団訴訟を起こした食品会社は、上杉(吉田鋼太郎)を代理人とし、会長の蓮見(伊東四朗)自らが動く完璧なメディア操作で世論を味方につける。苦戦する甲斐の前に、英国の大手法律事務所所属の弁護士で元恋人の紗江(観月ありさ)が現れ、合併を前提と...

SUITS/スーツ2 最終話

甲斐(織田裕二)は、大輔(中島裕翔)と共にフォルサム食品訴訟の女性原告団126名を集めた説明会に向かいます。 しかし、会場には何故か誰も来ていませんでした。 法律事務所に戻った甲斐に、チカ(鈴木保奈美)は、英ロンドンを拠点とする世界3大ファームの一つダービー総合法律事務所の力を借りるつもりだと言います。 ダービー総合法律事務所からやって来た担当者は、甲斐のロースクールの後輩で元恋人でも...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.